ENTRY

LOGIN

HISTORY

SUBARUの歴史

語り継がれる歴史がある。

変わらないDNAがある。

自分の個性は自分ではわかりにくいもの。
しかしながら、過去の歴史をたどっていくと、自分らしさのカケラが見つかることがある。
人間も会社もおなじかもしれません。
SUBARUという会社の生い立ち、転機、これからについて。

1917−

CHAPTER 1

原点としての中島飛行機。

飛行機メーカーであった
中島飛行機が、
SUBARUのルーツ。

1917年5月、現在の群馬県太田市に設立された民営の飛行機研究所を前身とし、日本最大規模の大手航空機メーカーであった中島飛行機が、SUBARUのルーツです。中島飛行機は陸軍の歴代主力戦闘機となった九七式戦闘機、一式戦闘機「隼」、二式戦闘機「鍾馗」、四式戦闘機「疾風」など、多数の著名な軍用機を送り出してきた航空機・エンジンメーカー。軍需から平和産業への転換、スクーターやバスなどの輸送用機器開発、企業分割などを経て、旧中島系の主要企業の共同により1953年に富士重工業(現在の株式会社SUBARU)を設立。SUBARUのロゴマークに描かれる「六連星(むつらぼし)」には、設立時に合併した系列6社を「統べる(1つにまとめる)」という意味も込められています。

命を乗せて
空を飛ぶからこそ。
安全への飽くなき執念。

飛行機づくりにおいてもっとも大事なこと。それは、安全性です。人の命を乗せて空を飛ぶものだからこそ、より安全に、より頑丈に。SUBARUの安全への強いこだわりは、飛行機づくりによって培われたものです。SUBARU車の代名詞ともなっている「水平対向エンジン」も、安全へのこだわりから生まれたもの。左右対称でバランスが良く、安定していること。海外では「flat engine」(平らなエンジン)と呼ばれるように、平らで低重心であること。これらの特徴はまさに飛行機づくりをおこなってきたからこその特徴。いかなる飛行条件下においてもパイロットの負担を最小にとどめること、飛行機自体に姿勢を安定させることを重視するという飛行機づくりの思想から生まれてきたもの。ちなみに、現代の小型飛行機が装備する航空用ピストンエンジンには、ほとんどすべて空冷の水平対向型が採用されています。

1958−

CHAPTER 2

高付加価値で勝負するという決断。

スバル・360に
代表される軽自動車は、
SUBARUブランドの原点。

SUBARU車の生産は1958年、軽自動車「スバル360」から始まりました。当時、国産乗用車は複数のメーカーから発売されていたものの、その価格は小型の1000cc級であっても100万円程度であり、月収が数千円レベルであったほとんどの国民にとっては縁のないものでした。そんな中、富士重工業がつくり出したのが、量産型の軽自動車としては史上初めての大人4人乗り「スバル360」でした。航空機技術を応用した超軽量構造を採用し、比較的廉価で小さいながらも高い走行性能を装備。「マイカー」という概念の浸透に一役買うなど、日本の自動車史のみならず戦後日本の歴史を語る上で欠かすことのできない車と評価されています。

軽自動車の
生産を止める、
という大きな決断。

スバル360のヒット後も、60年代には軽商用車であるサンバーが大ヒット。乗用車、商用車共に4輪独立サスペンション、4気筒エンジン、CVT(無段変速機)の採用や4WDの展開など、登録車並みの機構や商品性の特長で支持されてきた軽自動車ライン。SUBARUの名をあげたのは軽自動車。そう言っても過言ではない存在です。54年間にわたり、9車種、約7,968千台が生産されたSUBARUの軽自動車。しかしながら、その歴史に自ら終止符を打つことになります。2012年2月29日、すべての軽自動車の生産を終了。水平対向エンジンなどのコア技術を活かす登録車の開発・生産に経営資源を集中するための、大きな決断でした。

2011-

-2020

CHAPTER 3

お客様の笑顔をつくる会社へ。

数値的な目標は予想を
超えるスピードで実現。
でも、それだけでは
十分じゃない。

コスト競争ではなく差別化・高付加価値競争を選択する。SUBARUの新たな挑戦は、数値的な観点で言えば予想をはるかに超えるスピードで実現しました。販売台数も利益率も、これだけの速度で成長している自動車会社はありません。その要因は、徹底的にお客様と向き合ったこと。その一例として、すべての車種の開発プロセスで、全役員が開発現場やテストコースに集合し、デザインだけでなく乗り心地や使い勝手をチェックしています。その際の主語は常に、“自分”ではなく“お客様”。SUBARUの車を楽しみにしてくださっているお客様にとってのベストを追求してきた結果として、これだけの成長を遂げることができたのだと確信しています。しかし、私たちにとって数値的な成長は決してゴールではありません。目線はすでに、さらに先の未来を見据えています。

新中期経営ビジョン
「STEP」

スピード感(Speed)を持って変革していくこと。お客様から信頼(Trust)され、共感(Engagement)を得られる企業になること。安心と愉しさ(Peace of mind & enjoyment)という価値を提供し続けること。2025年までの中期目標である「STEP」は、私たちの目指す企業像の頭文字であるとともに、来るべき「JUMP」に備えて着実に地力をつける期間、という意味を込めています。すでに様々な取り組みを実施していますが、最も重視していることの一つが「組織風土改革」です。部門間の壁や上下の壁を取り払い、誰もが自分の想いに対して誠実に仕事に打ち込める環境づくりに注力しています。100年に1度と言われる変革期を迎えている現代においては、若く柔軟な発想を迅速に経営に取り入れることが不可欠です。これからSUBARUに入社してくれるあなたに求めたいのは、自分ならではの想いを持つことと、その想いを発信し続けること。お客様の笑顔をつくり続けていくために、私たちの挑戦が終わることはありません。

さらに詳しい中期経営ビジョンはこちらへ