助手席エアバッグに関する重要なお知らせ

SUBARU車をご愛用のお客様には、この度の助手席エアバッグ リコールの開始により
大変なご迷惑とご心配をお掛けしておりますことを心よりお詫び申し上げます。
お客様の安全を最優先に、順次リコール届出を行い、
できる限り早く全ての対象車の改善措置を実施して参ります。

助手席エアバッグ リコールが未改修の場合、
一部のSUBARU車については『車検を更新できません。』

国土交通省は、タカタ製エアバッグリコールの改修を促進するために、異常破裂する危険性が高い未改修車両について『車検を更新しない措置』を導入しました。
このため、リコールを受けていない該当車両については、2018年5月1日以降、車検が更新されなくなります。
下記対象のSUBARU車で、まだエアバッグリコールを受けていないお客様は、一刻も早く、お近くのSUBARU販売会社にて改修作業(無償)をお受けくださいますよう、お願い申し上げます。

対象車種

リコール届出番号 通称名 対象車の製作期間の全体範囲  
3382 レガシィ 平成15年4月24日 ~ 平成16年2月2日
3578 インプレッサ 平成16年1月6日 ~ 平成19年4月24日

※リコールの改修作業は、車検とは別にお受けいただけます。お早目のご入庫をお願い致します。

リコール等情報対象車両検索

お客様のご愛用車がリコール等情報の対象車両かどうかをご確認いただけます。

リコール等情報対象車両検索はこちら

※毎朝4:00~6:00 の間はメンテナンスのためご利用いただけません。

不具合の事象について

エアバッグ・インフレータ(ガス発生装置)の不具合は、乗員保護のためにエアバッグを膨らませる目的で作動するガス発生装置の吸湿防止が不適切なため、内部に封入されているガス発生剤が吸湿して変質し、異常な速度、異常な強さでガス発生が起こるために、インフレータ(ガス発生装置)の容器(鉄製)が破裂し、その破片が車内に飛び散ることで、乗員に重大な傷害を及ぼすものです。

上記の不具合が起きた場合には、飛び散った破片によりエアバッグが破れて膨らまなかったり、不具合発生時の熱によりエアバッグ自体が焼損してしまうなど、乗員保護のための安全装置機能を果たすことができません。そればかりか、容器の破片やエアバッグを収めているダッシュボードの部品などが車内に飛び散って助手席の乗員の方に当たり重大な傷害を負う可能性があります。また同様に助手席以外に乗車されている方も傷害を負う可能性があります。

リコールの進め方

対象のお客様には、車検証に記載の住所に、SUBARUよりダイレクトメールでご案内をしております。
ダイレクトメールをご確認頂き、お近くのSUBARU販売店にご連絡いただきます様、お願い致します。
入庫日を調整させて頂きます。

<エアバッグの機能を停止する処置を行って頂いたお客様へ>
全車種において改善品の調達が完了しております。
改善品の交換作業をさせて頂きますので、お近くのSUBARU販売店にご連絡下さいます様、お願い致します。
入庫日を調整させて頂きます。

リコール等情報対象車両検索

お客様のご愛用車がリコール等情報の対象車両かどうかをご確認いただけます。

リコール等情報対象車両検索はこちら

※毎朝4:00~6:00 の間はメンテナンスのためご利用いただけません。

SUBARUリコールお問い合わせダイヤル
0120-412215

内容確認とSUBARUのサービス・品質向上のために録音させて
いただいております。予めご了承ください。

SUBARUリコールお問い合わせダイヤルでは下記の内容を承っております。

①リコール
②改善対策
③サービスキャンペーンについてのご案内(ご説明・該当確認・店舗ご案内等)

受付時間
9:00~19:00(平日・土日祝)

リコールの対象・作業内容についてのQ&A

  • Q1私の車は対象ですか?今後対象になるのですか?
    既に開始しているリコールは、以下のURLから検索が可能です。お手元に車検証をご用意の上、以下のURLをご覧ください。
    http://recall.subaru.co.jp/lqsb/
    尚、今後のエアバッグの対象拡大については、監督官庁の示すスケジュールに則り、順次リコールを届出して参ります。
  • Q2作業時間はどれくらいですか?
    車種によって異なり、1時間半~3時間半程度となりますが、 作業状況や入庫状況によってはお時間をいただく場合もございます。
    申し訳ございませんが、あらかじめご入庫されるSUBARU販売店へお客様のご都合をお伝えいただき、お早目に改修作業を受けていただきますよう、お願い致します。
  • Q3 交換用の部品は準備できていますか?すぐに作業は出来ますか?
    交換部品は、全車種準備できております。
    作業日については、お待ちいただく場合があります。具体的な入庫日を調整させて頂きますので、お近くのSUBARU販売店にご連絡下さいます様、お願い致します。

機能停止中の車両についてのQ&A

  • Q1暫定措置の機能停止中です。どうしても助手席を使用する場合はどうすればよいですか?
    現在改善品の調達は完了しており、リコール作業可能ですので、SUBARU販売店にご連絡下さいます様、お願い致します。
    それまでの間は、大変申し訳ございませんが、助手席エアバッグが作動しない状態です。やむを得ず助手席をご使用になる場合には、助手席シートをいちばん後ろに下げ、シートベルトをご着用ください。

車検を更新しない措置についてのQ&A

  • Q1私の車は車検を更新しない措置の対象ですか?
    以下のURLから検索が可能です。お手元に車検証をご用意の上、ご確認ください。
    車検を更新しない措置の対象車の場合、「特記事項」に「平成30年5月以降車検が更新できません。」と表示されます。
    http://recall.subaru.co.jp/lqsb/
  • Q2リコール作業は既に終了していますが、車検は更新できますか?
    車検は更新可能です。安心してお乗り下さい。
  • Q3機能停止中で、かつ車検を更新しない措置の対象車です。自分の車は車検は通りますか?
    機能停止の状態では車検が通りません。お近くのSUBARU販売会社にご連絡いただき、リコール作業をお受けくださいますよう、お願い致します。
  • Q4車検は来年ですが、その時にリコール作業を受けることで良いですか?
    リコールが実施されていないエアバッグは大変危険な状態ですので、お客様の安全のため、車検日を待たずにお早目にリコール作業を受けて頂きますよう、お願い致します。