生物多様性 メニュー

考え方

自動車と航空宇宙事業を柱とするSUBARUの事業フィールドは、「大地と空と自然」です。SUBARUは、事業活動を通じて生物多様性保全に取り組み、自然との共生を目指します。一般社団法人日本経済団体連合会の生物多様性宣言に賛同し、「生物多様性民間参画パートナーシップ」への参画を通じて、今後も積極的に生物多様性に関する取り組みを推進していきます。生物多様性に配慮した事業活動を継続していくため、「生物多様性ガイドライン」を制定し、「SUBARUの森」の保全活動、事業所内外の各イベントを通じた啓発活動を行っています。

生物多様性ガイドライン

SUBARUグループの生物多様性保全活動の基盤となる「SUBARU生物多様性ガイドライン」を2019年4月に制定しました。制定にあたっては、生物多様性に関する国際的な動向を考慮しつつ、「環境省生物多様性民間参画ガイドライン」や「経団連生物多様性宣言行動指針とその手引き」などを参考とし、CSR重点6領域やSUBARU環境方針と整合性を取り、実効性および継続性を担保できるものとしています。

SUBARU生物多様性ガイドライン

私たちの社会は、さまざまな自然の恵みの源である「生物多様性」に支えられています。
その一方で「生物多様性」は地球規模で急速に失われています。
私たちは、事業活動を通じて生物多様性保全に取り組み、「大地と空と自然」が広がる地球の環境保護に貢献し、自然との共生を目指します。

  1. 事業活動が生物多様性に与える影響を把握し、その影響を低減しさらに回復につながる取り組みを進めます。
  2. 生物多様性に関する意識向上に努めます。
  3. 生物多様性に関する社会の国際的な取り決めを尊重します。
  4. さまざまなステークホルダーと連携し、生物多様性保全に取り組みます。
  5. 生物多様性に関する取り組みを積極的に開示します。

2019年4月制定

体制

SUBARUでは、2014年度より全事業所を横断するワーキンググループを発足し、事業活動と生物多様性の関係性の把握および潜在リスクの洗い出しを行い、優先して取り組む課題を特定のうえ、ロードマップを策定し、着実に対応・推進しています。

取り組み

国内

「SUBARUの森」活動

SUBARUは、2017年度から「SUBARU環境方針」の「自然との共生」を具体化した、生物多様性の保全に直結する「SUBARUの森」活動に取り組んでいます。

北海道「SUBARUの森 美深」

スバル研究実験センター美深試験場敷地内に所有している115haの森林において、植林・間伐・自然保護などの整備・保全活動を2017年度から着手し、美深町など地域社会と連動した森林整備・保全活動を目指し、50年後の森の育成という長期的な視点での人工造林の整備を進めています。また、 気候変動対策を踏まえ、J-クレジット発行の承認および登録を完了させ(2021年度以降に購入見込み)、間伐材をバイオマス燃料などに利用しています。

スバル研究実験センター美深試験場と周辺の森林
敷地内で見かけるキタキツネ

美深町 植樹祭への協賛

2019年5月に美深町で、恒例の樹霊祭並びに植樹祭が開催され、総勢約90人が集まりました。健全で豊かな森林を次世代に継承するという願いを込め、全員で0.7haの土地に美深町の気候に適したトドマツを300本植樹しました。植樹したトドマツは50年後に伐採の時期を迎えます。

約90人が植樹祭に参加

松山湿原 環境保全活動への寄付

2017年に、美深町、北海道上川総合振興局およびSUBARUは、「『美深町内の森林環境保全』に関する連携協定」に調印しました。SUBARUは「企業版ふるさと納税」の制度を活用して、2019年度からの3年間で300万円の寄付を行い、北海道が実施する「おいでよ!天空の園・松山湿原の森プロジェクト」を通じて同湿原の木道整備事業などをサポートしています。初回の寄付が実施され、その寄付金をもとに入山者の適切なルートを確保し、貴重な植生や入山者の安全を確保すべく、老朽化した案内板や散策路の整備が行われました。

※美深町内に所在する日本最北の高層湿原(標高797m)。シダ植物やコケ植物など約200種の特徴ある植物が生息していることから、環境省が「日本の重要湿地500」の一つに選定。

松山湿原の景観
松山湿原の看板

群馬県立森林公園「SUBARUふれあいの森 赤城」

2018年4月、SUBARUは自動車生産工場がある群馬県の県立森林公園のネーミングライツ(命名権)を取得しました。2023年までの5年間を「SUBARUふれあいの森 赤城」と称し、県有林の保全整備支援を行います。森林公園整備支援として、群馬県に5年間で総額980万円の寄付を行うこととしました。本寄付に対し、2019年6月に群馬県庁にて寄付金の受納式が開催されました。

栃木県宇都宮市森林公園「SUBARUの森 宇都宮」

SUBARUは、航空宇宙カンパニーがある栃木県宇都宮市の森林公園内にある市有林の一部を「SUBARUの森 宇都宮」と称し、宇都宮市と連携し森林の保全整備活動を支援しています。間伐作業への支援に加え、2019年度は間伐材を活用したベンチとバイクラックの製作に協力しました。

間伐材を使用したバイクラック
間伐材を使用したベンチ

緑地への取り組み

SUBARUグループの各事業所は近隣の自然環境や生態系と密接に関係していることから、地域の生物多様性保全に貢献できる様々な取り組みを行っています。

埼玉物流センター

埼玉県北本市の東光寺には、大正11年に国の天然記念物に指定された、日本五大桜の一つに数えられる推定樹齢800年の石戸蒲ザクラがあります。北本市にある埼玉物流センターでは、2003年に北本市より譲り受けた後継樹を敷地内で大切に育てています。

埼玉物流センターの桜(左右とも)

東京事業所

武蔵野周辺に自生するムラサキシキブやシラカシなどの植栽を順次行い、武蔵野の自然豊かで生物多様性に配慮した景観づくりにつなげています。

シラカシ
ムラサキシキブ

宇都宮製作所

周辺地域での本来の自然な植生を生かすことが様々な生きものにとって大切な生息場所になると考え、試験的に草を刈り残したモニタリングエリアを敷地内に設置しました。専門家の協力を得ながら、生物多様性のモニタリング調査を行い、通常の芝地では11種、モニタリングエリア内では20種の昆虫類が生息しているという調査結果が得られました。本調査結果をもとにモニタリングエリア内での生物多様性に配慮した場づくりを進めていきます。

モニタリング調査で発見された昆虫類
ノシメトンボ
トノサマバッタ
ナミアゲハ
ナナホシテントウ

群馬製作所

花配布活動

スバル地域交流会員企業を対象に、年3回、希望する企業に花の苗を配布しています。2015年より生物多様性に貢献する花の苗を用い、各社の緑化活動に利用してもらっています。

花の苗を配布

スバル地域交流会

小学校花壇コンクール

太田市、大泉町の小学校を対象として、2015年より花壇コンクールを実施しています。
花壇づくり用に花の苗を無償配布し、地域の子ども達に花の育成を通じて命の大切さを感じていただくことを目的としています。
第7回となる2019年度は15校から応募がありました。今回最優秀賞に輝いた太田市立生品小学校では、花で「いくしな」という文字を作り、参加した小学生からは「除草やきれいに花を咲かせることが難しかった」「学校が花できれいになって嬉しい」との声があり、命の大切さを感じていただきました。

【最優秀賞:太田市立生品小学校】(左右とも)
太田市環境創造協議会への参画

太田市環境創造協議会に協賛するSUBARUは、地域との交流を通して様々な環境活動に参画しています。

名称 実施時期 概要
ホタルの観察会 2019年6月
(雨天中止)
太田市内でホタルの生息(幼虫を放して生育)実態を観察してもらい、環境保全を学ぶイベントを計画していました。
廃油キャンドルづくり 2019年6月 家庭で排出される廃食用油を利用しキャンドルを手作りし、普段の生活で電気照明に頼らずにリサイクルキャンドルの明かりで一時間を過ごすことを目的としたエコイベントに参加しました。製作したキャンドルを使ったフォトコンテストも実施し、SUBARUからの協賛金が製作費およびフォトコンテストの入賞者の記念品購入に充当されました。
太田市
環境フェア出展
2019年11月 太田市環境フェアにて太田市環境創造協議会として2ブース出展し、市内事業者活動をパネル等で展示。自動車生産で発生する廃棄物のリサイクル活動の紹介や、環境活動の一環として美深の間伐材の活用例を説明し、上記の廃油キャンドル50個を来場者に配布しました。
天沼下流域
ボランティア清掃活動
外来種オオフサモ除去
2020年2月 太田市は外来植物による環境破壊が進んでおり、特に目立つ場所の保全活動の実施と発信に取り組んでいます。
廃油キャンドルづくり(左右とも)
廃油キャンドルづくり(上下とも)

海外

森林保護活動
(Subaru of China Ltd.)

Subaru of China Ltd.は、2012年に、国家林業局の中国野生動物保護協会と共同で「スバル森林生態保護プロジェクト」を設立し、2013年には同協会と共同で、中国の31省の自然保護区の31カ所を「SUBARU生態保護森林」としました。2012年から植林活動や希少動物の保護活動などを行う「31の森 星の旅」イベントを開催し、野生動物保護基金への寄付活動や森林保護に貢献した保護区およびその活動に従事したスタッフを表彰しています。
今後も、SOCは地域の自然環境と調和した活動を行い、生物多様性保全の取り組みを進めていきます。

表彰式

事業活動と自然との共生
(Subaru of Indiana Automotive, Inc.)

Subaru of Indiana Automotive, Inc.では、工場敷地内の遊水地や周辺緑地を、地域の野生生物が生息しやすいよう整備し、生態系の保護に取り組んだ結果、野生動物が生息するエリアとして2003年にNational Wildlife Foundationから認定を受けました。これは米国内の自動車工場としては初めての認定となります。野生のカナダ雁や鷺が餌場や休息地として利用し、野生のシカも多く生息するなど、豊かな自然に囲まれた工場を現在も維持しています。

野生のカナダ鴈
豊かな自然に囲まれたSIA

森林火災で焼失した地域での植樹活動
(Subaru of America, Inc.)

Subaru of America, Inc.は、2019年の記録的な森林火災での被害を受けた地域において、National Forest Foundationと協力し植樹活動を実施しました。2019年は125,000本の木を植え、今後3年間で、毎年同じ本数の植樹を目指しています。

自然保護に配慮した郵便発送に対するプログラムへの参加
(Subaru of America, Inc.)

2019年からSubaru of America, Inc.は印刷業者とともに、1通の郵便につき0.01ドルを寄付し、自然災害の被災地や在来種保護を希望する地域に1本の苗木を植えるプログラムに参加しています。この活動を通じ、年間692,919本の苗木が植えられました。