ステークホルダーエンゲージメント

SUBARUグループのCSRの取り組みは、ステークホルダーの皆様との関わりに重点を置いており、ステークホルダーの皆様への情報公開や対話、また経営への反映が必要不可欠であると考えます。経営理念にある「存在感と魅力ある企業」を実現するために、今後もステークホルダーの皆様から信頼される企業を目指して、継続的に社会の発展へ貢献すると共に、企業価値の向上を図っていきます。

SUBARUグループのステークホルダーとCSR重点6領域の関係性
SUBARUグループのステークホルダーとのコミュニケーション方法
ステークホルダー コミュニケーション方法
お客様 SUBARUお客様相談センターの設置、満足度調査の実施、イベントの開催
地域社会 安全教室や交通指導による交通安全啓発、従業員による清掃活動、地域住民との交流イベント開催
株主・投資家様 定時株主総会開催(年1回)、報告書発行、WEBでの各種情報開示、機関投資家面談実施、投資家説明会開催、工場視察会開催
お取引先様 調達方針説明会開催、定期的な情報交換、技術や品質などの貢献度大のお取引先様の表彰
従業員 労使協議会の開催、ストレスチェック実施、従業員意識調査、階層・職能別プログラムによる教育研修
NGO・NPO 調査・アンケートへの回答、理念の賛同を通して寄付や地域・社会貢献活動の実施
行政 経済団体・業界団体の会議体への参加、地域自治体との交流・意見交換
金融機関 WEBでの各種情報開示、決算時の説明、月次意見交換
メディア マスコミ・アナリスト向け決算説明会(年4回)、WEBでの各種情報開示
教育・研究機関 職場体験実施、小・中学校へ出前授業実施、工場見学会開催(年間約9万人来場)