当社は、ディスクロージャーポリシーに基づき、ウェブサイトをご覧の皆様に情報を公開しております。

1.開示の基準

当社では、金融商品取引法等の法令および東京証券取引所の定める適時開示に関する規則(以下「適時開示規則」といいます。)に沿って開示を行なっております。また、法令および適時開示規則により開示を要する情報に該当しない情報についても、開示することが投資者の投資判断に有用であると当社が判断した情報は、積極的かつ公平に開示する方針です。

2.情報の開示方法

適時開示規則により開示を要する情報その他開示することが投資者の投資判断に有用であると当社が判断した情報は、東京証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」(TDnet)を通じて開示するとともに、当該開示情報またはそれに準じた一部の情報について、当社ホームページに速やかに掲載いたします。また、金融商品取引法等の法令により開示を要する場合には、当該法令の規定に則り、必要な開示を行います。その他の情報について開示する場合にも、当社ホームページやメディア等を通じて、適時かつ正確は情報が公平に開示されるようにいたします。

3.沈黙期間に関して

当社は決算発表の準備期間中に当社の株価に影響のある情報が漏えいすることを防止し、情報開示の公平性を確保するために、決算期末日の翌日から決算発表日までの期間を「沈黙期間」として、決算に関連するコメントや質問への回答を控えております。但し、「沈黙期間」中に、当社の業績が既に公表している業績予想から大きくかい離する見込みが生じた場合など、法令または適時開示規則により開示を要する情報が生じた場合には、当該法令または規則に則り、その情報の開示を行うこととしております。

4.その他

当社ホームページ上での当社の情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載をしている「将来予測に関する免責条項」も合わせてご参照下さい。