当社は、ディスクロージャーポリシーに基づき、ウェブサイトをご覧の皆様に情報を公開しております。

1.ディスクロージャーの基準

当社では、東京証券取引所の定める適時開示規則に沿ってディスクロージャーを行なっております。投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合、また、適時開示規則に該当しない情報についても、当社を理解して頂く為に有効と思われる情報は、積極的かつ公平に開示する方針です。

2.情報の開示方法

東京証券取引所の定める適時開示規則に該当する重要情報の開示は、同規則に従い、同取引所の提供する「TDnetシステム」にて公開します。TDnetシステムにおいて公開した情報に関しては、当ウェブサイトに速やかに掲載致します。また、適時開示規則に該当しない情報を開示する場合にも、ウェブサイトやメディアを通じて、できるだけ公平に当該情報が伝達されるよう配慮を行ないます。

3.沈黙期間に関して

当社は決算情報の資料準備期間中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐ為に、決算発表前3~4週間程度を「沈黙期間」として、決算に関連するコメントや質問への回答を控えております。但し、「沈黙期間」中に予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い、適宜公表することとしております。

4.適時開示に係る宣誓書

東京証券取引所の規定により提出をしている「適時開示に係る宣誓書及び添付書類」を掲載しておりますので、ご参照下さい。

5.その他

本ウェブサイト上での当社の情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載をしている「将来予測に関する免責条項」も合わせてご参照下さい。