品質 メニュー

考え方

航空事業を営む航空宇宙カンパニーでは、「安全と品質を最優先に」を行動指針として、生産活動を行っています。

品質マネジメントシステム

航空宇宙カンパニーでは、「安全と品質を最優先に」の方針のもと、最新の航空宇宙・防衛産業向けの品質マネジメントシステム規格「JIS Q 9100:2016」に適合した品質マネジメントシステムを構築し活動しています。
また、品質に関する不適切な事象の防止のため、日本の航空宇宙・防衛業界が一体となって独自に制定している「JIS Q 9100の補足事項」(SJAC 9068)も取り入れています。

品質マネジメントサイクル

航空宇宙カンパニーでは、安全性・信頼性のある商品の実現のために、要求事項の明確化から製造にいたる各プロセスで品質保証に取り組むと共に、よりお客様の満足度を向上させるための品質マネジメントサイクルを構築・運用しています。

品質マネジメントサイクル

体制

航空宇宙カンパニーでは、QMS推進室がクオリティマネジメントシステム(QMS)の維持・推進を行うと共に、品質向上に向けたシステム改善に取り組んでいます。
また、品質保証部が商品の製造・修理・販売・サービスにいたる以下の一連の品質保証活動を推進し、社内の関連部門やお取引先様に展開しています。

  • お客様の声を収集
  • 品質に関する課題を抽出
  • 原因を調査
  • 対策を立案

取り組み

品質保証教育

従業員教育の一環として、各部門における品質保証教育を実施しています。また、品質保証のエキスパートを育成するための研修なども実施しています。

主な教育研修プログラム
教育項目 対象 頻度
品質教育 検査員ベーシックマナー教育 検査員 1回/年
品質リマインド教育 主に製造に関わる従業員 2回/年
ヒューマンファクター教育 主に航空法認定事業場従事者 1回/年
航空安全教育 主に航空法認定事業場従事者 1回/年
認定事業場従事者教育 主に航空法認定事業場従事者 1回/年
QMS定着教育 全従業員 2回/年
検査員基礎教育 新規認定/定期更新教育 検査員 新規/3年毎
検査員レベルアップ教育 検査員 1回/月
検査員技量教育 テクノスクール 検査員 10回/年

4ルール活動

お客様の笑顔のため、社会的責任を果たすため、そして私たちの成長へつなげるため、カンパニーの一人ひとりが仕事のルール(手順、根拠)を意識し、そのルールがやり難い、不確実、世の中とずれている、改善が必要と気付いた時は一人で悩まず皆で改善につなげ、仕事の質を上げていこうという活動を実施しています。

4ルール

あなたの今日やる仕事
  1. ルール(手順・根拠)はありますか?
  2. ルールは守っていますか?
  3. 改善の余地はないですか?
  4. 職場で改善を話し合っていますか?

品質月間講演会

航空宇宙カンパニーでは、定期的に「品質会議」を開催し、顧客満足や商品品質について多様な側面から審議する他、毎年11月を品質月間と定め、講演会や品質向上に貢献した従業員の表彰、全従業員への啓発用パンフレット配布などを実施しています。2019年度の講演会では元気な挨拶の飛び交う活気ある職場づくりのリーダーシップやそのコミュニケーション手法などについて、富士ボトリング株式会社 代表取締役社長 山崎和彦様、環境・品質マネジメント室長 友野秀美様による講演を実施し、カンパニープレジデントをはじめ、従業員やお取引先様など500人以上が参加しました。
また、従業員の創造力発揮や改善の風土醸成を狙いとする「改善提案制度」などの各種制度を設けています。

品質月間講演会