労働安全衛生 メニュー

考え方

SUBARUは安全衛生を重要な経営課題と位置づけ「安全衛生はすべての業務に優先する」ことを安全衛生基本理念としています。また、別途、安全衛生基本方針を策定しています。国内・海外の関係会社では、それぞれの事業内容や地域性、各地の法令などを踏まえた安全衛生方針を定め、それに基づいた取り組みを推進しています。

群馬製作所 矢島工場

安全衛生 基本理念

安全衛生 基本方針

労働災害、交通事故、疾病、火災等災害のゼロをめざし、全員が安全衛生の重要性を認識し合い、設備・環境・作業方法の改善と管理・意識の向上を図り、安全快適な職場作りを進める。

2002年4月制定 中央安全衛生委員会

体制

SUBARUは従業員の労働災害防止、疾病予防、労働環境向上を目的に、経営層(安全衛生担当役員、事業所の安全衛生を統括する部長)と労働者代表(SUBARU労働組合)で構成される中央安全衛生委員会を設置し、委員長は役員で副委員長は労働組合から選出、年3回実施しています。
内容については、全社安全衛生に関する基本方針をはじめ、労働災害が発生する可能性のある危険の特定・排除、リスクの評価・最小化、事故の調査や職業性疾病発生原因の調査ならびにその対策、労働環境の向上、安全衛生教育、交通安全、防火などをテーマに審議しています。さらに、その方針に基づき、事業所安全衛生委員会は具体的な取り組みについて議論し、その方針に事業所内の非正規を含む全従業員および、関連企業に落とし込みを行います。
また、従業員の労働安全衛生に配慮し、全社に産業医、看護師、保健師を配置しています。
また、事業所安全衛生委員会が管轄する関連企業については、関連する情報を適宜周知し、安全衛生活動を促しています。

安全衛生体制図

取り組み

SUBARUは、年度初めに各事業所で「安全衛生キックオフ大会」を開催し、事業所トップから管理監督者に安全衛生年度方針を通達しています。全従業員で活動目標と取り組み計画を確認し合い、気持ちを一つにすることで、「労働災害防止」「交通安全」と「健康管理」に対する意識向上を図っています。

労働災害防止活動

安全宣言バッジの着用

SUBARUの全従業員は安全意識を高めるため、「私は、行動を起こす前に必ず安全を確認します。」と明記された「安全宣言バッジ」を着用しています。

安全宣言バッジ

指差し呼称の推進活動

各事業所では、ミスやヒューマンエラーを防止するために、構内の横断歩道などでの労働安全の基本である指差し呼称を徹底し、安全行動への意識レベルと安全確認の精度向上を目指しています。

交通安全活動

SUBARUは、従業員の業務・通勤・プライベートすべての交通事故を防止するため、様々な取り組みを行っています。


  • 自動車通勤が多い自動車部門、航空宇宙カンパニーの全従業員を対象に長期連休前に啓発活動(過去事例の展開・交通安全DVD視聴など)を実施。
  • 事業所所轄警察署長による「運転マナー向上」を目的とした講演を開催。
  • 新入社員を対象に教習機関を利用した体感教育を実施。
  • 心理学を応用した「運転適性検査」と、「ドライブレコーダー」を用いて自身の運転のクセなどを把握する取り組みを実施。

健康増進活動

SUBARUは、従業員とその家族の健康が事業のすべての基盤になると考え、皆が健康・健全で活き活きと働き、挑戦し、成長できるよう、安全衛生活動と共に健康増進の取り組みを推進しています。2020年に専任の推進部署を設置、全事業所に保健師と臨床心理士を配置し、従業員が相談しやすい体制を整え、イントラネットで周知しています。2018年から活動している「健康増進分科会」(中央安全衛生委員会の下部組織)では、産業保健スタッフと人事部担当者が共に健康課題の見える化に取り組み、働き方に沿った生活改善プログラムの実施や喫煙対策などを産業医のアドバイスのもと、行っています。
これからもSUBARUは、従業員とその家族に寄り添った健康増進活動を継続していきます。
SUBARUは従業員の心身の健康を支えるため、身体をサポートする生活習慣病予防、心をサポートするメンタルヘルス疾患予防の2本立てで取り組んでいます。
また、SUBARUは2020年10月に「健康宣言」を制定しました。

SUBARU健康宣言

目的

「モノをつくる会社から笑顔をつくる会社へ」の実現に向け、「従業員一人ひとりが、安全に安心して働くことができ、かつ働きがいを感じられるよう職場環境を向上させる」(SUBARUグローバルサステナビリティ方針)のもと、株式会社SUBARU、SUBARU労働組合、SUBARU健康保険組合の三位一体で健康経営に取り組んでいく意思を込め、健康宣言を策定しました。

健康宣言

「お客様の笑顔」をつくるSUBARUの原動力は、従業員一人ひとりとその家族の笑顔。
その土台は心身の健康です。
SUBARUは従業員とともに健康増進と疾病予防に取り組み、チャレンジし、成長できる笑顔あふれる職場をつくります。

株式会社SUBARU
取締役社長 中村 知美
SUBARU労働組合
執行委員長 山岸 稔
SUBARU健康保険組合
理事長 小林 達朗

2020年10月5日制定


健康推進体制

SUBARUは健康増進活動を経営課題ととらえ、中央安全衛生委員会にて、基本方針や年間計画、施策を審議し、必要に応じ経営陣へ報告をしています。また、人事部の専任部署である健康推進グループを核として各事業所の健康担当と産業保健スタッフと連携し、全社的に健康施策を推進しています。


健康推進体制図

生活習慣病予防

定期健康診断による疾病の早期発見・治療と共に、有所見者や数値の動向を把握し生活習慣改善と予防の取り組みを進めています。

①定期健康診断受診率向上の取り組みと2次健診受診勧奨の取り組み

健康診断100%受診に取り組み、勤務地や勤務状況に応じた柔軟な受診環境を整備しています。また再検査対象者へは一部検査費用を会社が負担するなどを促進し、高リスク者と判定された場合は保健師による保健指導や、健康保持増進のための意識向上の指導を行っています。

②運動と食生活の改善活動

THP(トータル・ヘルスプロモーション・プラン)の他、様々な運動プログラムや、食生活改善セミナーを開催しています。

③喫煙対策

完全分煙実施と喫煙率の低減活動の双方から施策を講じ取り組んでいます。受動喫煙防止の観点から、屋内喫煙所の屋外化を進めると共に分煙への啓発活動を行い、すべての事業所において完全分煙をしています。また2025年までに喫煙率25%を目標に低減活動を進めています。毎月2日以上の禁煙日設定や、肺年齢測定イベント、昼休憩時に禁煙しながらスタンプラリーを楽しめるファンウォークなどの他、禁煙外来を事業所内に設置、健康保険組合と連携した禁煙チャレンジを推進しています。また外部の禁煙外来受診も会社が補助を出すなど、様々な活動に取り組んでいます。

④社員食堂を活用した健康意識の醸成

管理栄養士監修の野菜がたくさん摂れるヘルシーメニューを、全食堂で提供しています。他にも減塩や低脂肪・高タンパク質、低糖質メニューなどを日替わりで提供することで、身近な食生活を通じて健康意識の醸成を図っています。

管理栄養士の監修による
ヘルシーメニュー

メンタルヘルス疾病予防

メンタルヘルス疾患の予防と早期発見のための一次予防として、従業員本人がストレスに気づき対処する方法を身に付ける「セルフケア」と、管理職による個別の指導・相談や職場環境改善を行う「ラインケア」の双方から施策を講じています。
またメンタルヘルス不調となった休職者の職場復帰を支援する三次予防も積極的に取り組んでいます。

①セルフケア

「心の健康を自分で管理する」ために階層別集合研修時のセルフケアの講習やストレスチェックの一斉実施、新入社員へのiCBT(インターネット認知行動療法)研修、産業医や臨床心理士によるカウンセリングなど適宜実施しています。

②ラインケア

「管理監督者向けメンタルヘルス対応マニュアル」を発行、集合研修によるラインケア講習や、ストレスチェックによる集団分析結果を上司へフィードバックし、健康リスクの高い職場には保健師が上司や職場と意見交換する職場改善活動を実施しています。技術開発部門では、活き活きとした職場を作り出す自発的な職場改善活動(e活)や、従業員の一人ひとりとの関わりを重視し、それぞれのやりがいを育むマネジメントシステムを利用し、上司部下双方の積極的なコミュニケーションを推進、発症の未然防止と長期化の抑制に効果を上げています。

③復職プログラム制度(試し出勤、慣らし勤務)

休職者がスムーズに職場復帰ができるよう、産業保健スタッフ・人事部門が連携した復職支援体制を整備し、試し出勤や慣らし勤務の制度を設けています。

この他に、女性のライフイベントに伴う健康面での悩みをサポートするための健康セミナーを実施しており、終了後のアンケートでは参加者の95%以上が「満足・概ね満足」を選択しています。女性ならではの悩みに寄り添い、笑顔で働くことのできるサポート体制を整えています。

従業員から職場改善活動(e活)の推進マスコットキャラクターを募集、大賞を受賞した「イイネコ」
健康セミナー

労働災害

各事業所および関連会社で発生した労働災害とヒヤリについては、事業所間の類似災害発生防止を目的とし、災害発生部署から事業所安全衛生部門を経て、所内各部署や関係(協力)会社へ情報展開することが規定されており、類似災害防止に努めています。
2019年度の労働災害件数は24件(うち、休業災害3件、死亡0件)。また、災害頻度を表す災害度数率は0.60でした。

災害発生時の情報展開
労働災害発生状況と災害度数率(SUBARU単独)

Message:安全、安心に働ける職場づくりを目指します。

従業員は最も大切な経営資源であり、競争力のある企業をつくる活力の源泉です。その前提は、従業員が安心、安全に働き、そして、何より健康であることです。
私は、中央安全衛生委員会の事務局として、各事業所の安全担当者、産業医、保健師、看護師と常に連携を取りながら、日々各事業所の実情に即した安全衛生活動を提案、実践しています。従業員が「行ってきます!」と元気に会社に向かい、「ただいま!」と元気に帰宅できるよう、常に安全、安心に働ける職場づくりを目指します。

人事部 安全企画担当
中央安全衛生委員会事務局
日野 貴透