健康経営 メニュー

考え方

SUBARUは、従業員とその家族の健康が事業のすべての基盤になると考え、皆が健康・健全で活き活きと働き、挑戦し、成長できるよう、安全衛生活動とともに健康経営の取り組みを推進しています。「従業員の心身のサポート」の他、「健康な組織づくり」や、「柔軟な働きかたの進展」も含め、人事部内での関連する部署と共に取り組むことで、従業員のエンゲージメント向上のための「働きやすさ」を支えています。

SUBARU健康宣言

目的

「笑顔をつくる会社」の実現に向け、「従業員一人ひとりが、安全に安心して働くことができ、かつ働きがいを感じられるよう職場環境を向上させる」(SUBARUグローバルサステナビリティ方針)のもと、2020年10月に、株式会社SUBARU、SUBARU労働組合、SUBARU健康保険組合の三位一体で健康に取り組んでいく意思を込め、健康宣言を策定しました。

健康宣言

「お客様の笑顔」をつくるSUBARUの原動力は、従業員一人ひとりとその家族の笑顔。
その土台は心身の健康です。
SUBARUは従業員とともに健康増進と疾病予防に取り組み、チャレンジし、成長できる笑顔あふれる職場をつくります。

株式会社SUBARU 代表取締役社長 CEO中村 知美

SUBARU労働組合 執行委員長山岸 稔

SUBARU健康保険組合 理事長小林 達朗

2020年10月制定

体制

SUBARUは健康増進活動を経営課題と捉え、2020年度より、役員会議にて、SUBARUの健康経営の課題や施策について議論し、PDCAに取り組んでいます。また、推進体制として、SUBARUと労働組合、健康保険組合が参加する「健康ステアリングコミッティ」を設置し、コラボヘルスを進めています。運用面では、2021年から人事部の専任部署である健康推進グループを核として、各事業所の健康増進責任者および産業医等を含めた産業保健スタッフと毎週定例会を開催し、全社一体となった健康増進施策を推進しています。

健康増進体制図

取り組み

SUBARUは、「身体の健康」と「心の健康」の2つの項目に分け、健康課題の見える化と改善活動に取り組んでいます。

身体の健康

定期健康診断による疾病の早期発見・治療とともに、有所見者や数値の動向を把握し、生活習慣改善と予防の取り組みを進めています。


定期健康診断および再検査の取り組み

健康診断100%受診および、再検査対象者への一部検査費用負担を実施。高リスク者と判定された場合は保健師による保健指導や、健康保持増進のための意識向上の指導を行っています。

運動と食生活の改善活動

THP(トータル・ヘルスプロモーション・プラン)を取り入れ、体力の見える化とそこから導き出される様々な運動プログラムの提案や、食生活改善セミナーを開催しています。

喫煙対策

すべての事業所において完全分煙とし、2025年までに喫煙率28%を目標に低減活動を進めています。禁煙外来を事業所内に設置し、健康保険組合と連携した禁煙チャレンジを推進、外部の禁煙外来受診についても会社からの補助を実施しています。

社員食堂を活用した健康意識の醸成

管理栄養士監修の野菜がたくさん摂れるヘルシーメニューを、全食堂で提供しています。他にも減塩や低脂肪・高タンパク質、低糖質メニューなどを日替わりで提供することで、身近な食生活を通じた健康意識の醸成を図っています。

管理栄養士の監修による
ヘルシーメニュー

心の健康(メンタルヘルス疾病予防)

メンタルヘルス疾患の予防と早期発見のため、「セルフケア」と「ラインケア」の双方から施策を講じ、すぐに産業保健スタッフのフォローを受けることができる相談窓口を設けています。
またメンタルヘルス不調となった休職者の職場復帰の支援も積極的に取り組んでいます。

セルフケア

「心の健康を自分で管理する」ために、セルフケア講習やストレスチェックの活用、新入社員へのiCBT(インターネット認知行動療法)研修等を実施しています。

ラインケア

集合研修による管理職へのラインケア講習や、ストレスチェックによる集団分析結果による健康リスクの高い職場への職場単位での改善活動を実施しています。技術開発部門では、活き活きとした職場を作り出す自発的な職場改善活動(e活)や、従業員のやりがいを育むマネジメントシステムを利用し、上司と部下の双方の積極的なコミュニケーションを推進、発症の未然防止と長期化の抑制に効果を上げています。

復職プログラム制度(試し出勤、慣らし勤務)

休職者がスムーズに職場復帰ができるよう復職支援体制を整備し、試し出勤や慣らし勤務の制度を設けています。

従業員から職場改善活動(e活)の推進マスコットキャラクターを募集、大賞を受賞した「イイネコ」

「健康経営優良法人2021」取得

SUBARUは、経済産業省と日本健康会議が主催する健康経営優良法人認定制度において、「健康経営優良法人2021」の大規模法人部門に認定されました。
これからも「お客様の笑顔」を支える従業員とその家族の健康づくりに向けて、様々な健康増進活動を加速させて取り組んでいきます。

「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」