株主還元は?
配当金の推移などをご紹介します。

株主様へのリターン

当社は株主の皆様の利益を重要な経営課題と位置付けており、毎期の業績、投資計画、経営環境を勘案しながら、継続的かつ安定的な配当を基本としつつ、業績連動の考え方を取り入れております。また、当社は中期経営ビジョン「STEP」におきまして、「株主還元は配当を主に継続的・安定的な還元を重視する」、「この3年間(2019年3月期~2021年3月期)は年間配当144円をベースとし、 キャッシュフローに応じて自己株式取得を機動的に実施する」ことを2018年7月に公表しております。
しかしながら、新型コロナウイルスの全世界的な感染拡大に伴い、当社の生産・販売などの事業活動にも多大な影響が出ており、この先の資金需要などを含めて総合的に勘案した結果、誠に遺憾ながら、2020年3月期末の配当につきましては、直近の配当予想から変更し、1株当たり28円とすることといたします。

2020年3月期の期末配当のお支払期間は、株主総会の翌営業日の2020年6月24日(水)から2020年7月27日(月)です。

配当性向と配当利回り

配当金

2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期
配当金 中間 20.0 31.0 72.0 72.0 72.0 72.0 72.0
期末 33.0 37.0 72.0 72.0 72.0 72.0 28.0
配当利回り 1.9 1.7 3.6 3.5 3.8 4.7 3.6
配当性向 20.0 20.3 25.7 39.4 50.1 78.1 50.3

(円)

新型コロナウイルスの全世界的な感染拡大による当社グループへの影響につきましては、生産面では国内(群馬製作所)および海外(米国SIA)の生産活動を一時停止し、いずれも5月11日に生産を再開しましたが、当面は生産量を調整した操業を続けていく予定です。販売面では重点市場の米国でも多くの販売店において様々な制約を受ける事態が続いています。
2021年3月期の連結業績予想につきましては、現時点で同感染症の終息の時期が不透明であり、当社グループの生産・販売などの事業活動および経営成績に与える影響の合理的な算定が困難であるため、未定といたします。今後、連結業績予想の算定が可能となった時点で2021年3月期の連結業績予想および配当予想について速やかに開示いたします。

※スバルオブインディアナオートモーティブインク

こんな事もしています!
株主様向けイベントの実施


当社は、株主の皆さまに当社の経営方針ならびに企業活動に対するご理解を深めていただくことを目的として、「株主様イベントのご案内」を実施しております。ご視察会では、株主の皆さまにSUBARUの生産現場、そこで働く従業員の様子や企業風土に直に触れていただくとともに、株主の皆さまと当社との間で直接コミュニケーションを図る場として、当社役員が参加する質疑応答の時間を設けております。

これまでに通算16回の群馬製作所矢島工場で実施し、前回は202名にご参加いただきました。参加した株主様からは「クルマが完成するまでに大勢の方たちがかかわり、大変な作業と熱意で出来上がっていることが本当に良くわかった」などの感想が寄せられました。

なお、ご視察会で頂いたご意見・ご感想は、役員をはじめ社内関係者へ報告し、今後の取り組みに活用させていただいております。

詳しくはこちら(株主様イベントのご案内)

もっと詳しく知りたい方はこちら!