業績はどうなの?
これまでの業績推移とあわせて、
今期の業績予想をご紹介します。

これまでの業績

財務指標で見る業績の推移

2020年3月期業績

2019年3月期 実績 2020年3月期 実績 増減
売上収益*1 31,562億円 33,441億円 1,880億円
営業利益 1,817億円 2,103億円 286億円
税引前利益*2 1,860億円 2,077億円 216億円
親会社の所有者に帰属する
当期利益*3
1,414億円 1,526億円 112億円
為替レート 111円/US$
129円/EURO
109円/US$
121円/EURO
△2円/US$
△9円/EURO
連結完成車販売台数 1,001千台 1,034千台 33千台

連結売上収益*1は、販売台数の増加などにより、同6.0%増の3兆3,441億円となりました。連結損益については、前年同期に比べ、販売台数の増加に加え、販売奨励金の抑制など改善に努めた結果、営業利益は前年同期比15.7%増となる2,103億円になりました。税引前利益*2は同11.6%増の2,077億円、親会社の所有者に帰属する当期利益*3は同7.9%増の1,526億円になりました。

※2020年3月期より、従来の日本基準に替えて国際財務報告基準(IFRS)を任意適用しています。そのため、比較対象となる前期(2019年3月期)実績(日本基準)を、IFRSに従って再計算した上で、比較・分析をしています。

*1
日本基準における「売上高」を「売上収益」として表示しております。
*2
日本基準における「税金等調整前当期純利益」を「税引前利益」として表示しております。
*3
日本基準における「親会社株主に帰属する当期純利益」を「親会社の所有者に帰属する当期利益」として表示しております。

自動車販売台数の推移

全世界販売台数は、前年同期比3.3%増の1,034千台となりました。海外販売は、米国市場においてフォレスターアセントが好調に推移したことなどにより、同5.0%増の908千台となりました。一方、国内販売は、インプレッサの減少などにより、同7.7%減の126千台となりました。

これからの業績

今期の業績予想(2021年3月期)

2021年3月期の通期連結業績見通しは、新型コロナウイルスの全世界的な感染拡大が当社グループの生産・販売などに多大な影響を及ぼしており、合理的な算定が困難であったことから未定としていましたが、現時点において入手可能な情報をもとに業績予想を算定します。

同感染症の収束時期は見通せないものの、主力の米国市場を中心に自動車販売が下期にかけて一定水準まで回復するという前提で、全世界販売台数は900千台を計画します。連結業績は、売上収益は2兆9,000億円、営業利益は800億円、税引前利益は870億円、親会社の所有者に帰属する当期利益は600億円を計画します。なお、通期連結業績見通しの前提となる為替レートは¥105/US$、¥120/EUROです。

(※予想値は2020年8月4日現在)