前のページに戻る
2019年1月15日

SUBARU プライベートファンドを通じた出資を実施

SUBARUは、2018年7月9日に設立したプライベートファンド「SUBARU-SBI Innovation Fund」を通じて、2018年12月末までに以下3社に出資を行いました。

当社は、自動車と航空宇宙事業において、商品・サービス等を通じて、お客様に共感され信頼される存在になる事を目指しています。ますます多様化するお客様の価値観に柔軟に対応するためには、従来の延長線上の技術・商品を突き詰めるだけでなく、新しいビジネスや技術にチャレンジすることが必要不可欠と考え、知見を外部から積極的に集め、社内知見と合せてイノベーション創生する仕組みとして、「SUBARU-SBI Innovation Fund」を設立しました。

【出資先】

名称 Bye Aerospace Inc (バイ・エアロスペース)
所在地 米国 コロラド州
代表者 George E. Bye
設立年 2007年
事業内容 小型電気飛行機の開発、製造、販売
名称 AEye Inc (エーアイ)
所在地 米国 カリフォルニア州
代表者 Luis Dussan (Founder & CEO)
設立年 2013年
事業内容 自動車、重機等向け物体検知センサー、ソフトウェア開発
名称 株式会社アプトポッド
所在地 東京都新宿区
代表者 坂元 淳一
設立年 2006年
事業内容 インターネット回線での、データの高速伝送・収集・リアルタイム双方向伝達技術の提供

ご参考: 2018年7月10日プレスリリース
『SUBARUとSBIインベストメントによるプライベートファンドの設立について』
https://www.subaru.co.jp/press/news/2018_07_10_6030/

前のページに戻る