ステークホルダー・エンゲージメント事例

お客様

「お客様第一」を基軸として、すべての事業活動に取り組んでいます。「安心と愉しさ」でお客様に選ばれ続けるブランドになるため、「正確・迅速・適切・公正・公平・親切」を行動の基本としてお客様に対応しています。お客様からいただいた貴重なご意見、ご要望、ご指摘などは、関連部署にフィードバックし、品質・商品改善や提案、アフターサービスの改善に役立てています。

お客様向け広報誌
『Cartopia』

地域社会

SUBARUは、事業所を置く地域の方々とコミュニケーションを図り、各地域の発展や信頼関係づくりに努めています。群馬県太田市においては、SUBARUとお取引先様、そして太田市をはじめとする周辺地域にお住まいの皆様と一つの輪になって「地域の発展と住み良い街づくり」を目指し、スバル地区交流会を1995年に発足し、ボランティア活動、文化活動、教育活動、市民生活活動に取り組んできました。
これらの活動をベースにおきながら、時代のニーズに呼応するため「環境活動」および「交通安全活動」にも傾注し、より地域に密着した活動の展開を進めています。
その他、栃木県宇都宮市、東京都渋谷区・三鷹市など事業所を置く地域においても交流会やイベントなどを実施しています。

社会貢献

群馬製作所「スバル感謝祭」

宇都宮製作所
「SUBARUふれあい祭」

株主様

SUBARUは、株主の皆様にも、SUBARUの方針・事業内容や日頃の生産活動に対するご理解を深めていただくことを目的として、「株主様工場ご視察会」を2004年より実施しています。
ご視察会では、工場などの生産現場をご覧いただくと共に、株主の皆様とSUBARUとの間で直接コミュニケーションを図るため、役員が参加する質疑応答の時間を設けています。なお、ご視察会でいただいたご意見・ご感想などは、経営層をはじめ社内関係者へ共有し、事業活動およびIR活動に活かしています。

工場ご視察会(群馬製作所)

質疑応答(群馬製作所)

工場ご視察会(航空宇宙カンパニー 半田工場)

販売特約店

「国内スバル2025ビジョンキックオフ」を開催し、国内販売特約店の社長をはじめ幹部、SUBARUの幹部合わせて約1,000人が出席しました。SUBARUからは将来に向けたクルマづくりの考え方や商品計画について、販売特約店の店長からはビジョン実現への思いを発表し、国内営業本部と販売特約店における2025年のありたい姿「愛されるSUBARU」を共有しました。
また、全国の販売特約店の従業員を対象に群馬工場視察を実施しました。最前線でお客様対応を続けている販売特約店の従業員に、工場やそこで働く従業員の姿を実際に見てもらうことでSUBARU社内の品質向上のための取り組みの理解を促進し、SUBARUグループで一体感を持ってSUBARUブランドを支えていくことを目的としました。

販売特約店向け広報誌
『SPICE magazine』

従業員

SUBARUでは、会社の方針や取り組みなどの情報共有をはじめ、従業員のモチベーション向上やコミュニケーション促進を目的に、社内広報誌を毎月発行しています。
また、重要度の高い情報については、よりタイムリーに周知徹底を図るために、従業員一人ひとりに対して、電子メールにて情報を発信しています。さらに、定期的に経営層が各事業所を訪れて従業員と直接対話し、コミュニケーションを図る場を設けています。

社内広報誌『秀峰』