ニュースリリース

前のページに戻る
2021年7月8日

SUBARU AWD車の累計生産台数 2,000万台を達成

SUBARUは、2021年6月末にAWD(All-Wheel Drive:全輪駆動)車の累計生産台数2,000万台*1を達成しました。1972年9月に発売した国産初の乗用タイプ全輪駆動車「スバル レオーネ 4WD エステートバン」に搭載以来、49年目での達成となります。

現在、SUBARUの世界販売台数に占めるAWD車の比率は98%*2に上り、その全て*2が水平対向エンジンとの組み合わせによる、SUBARU独自のシンメトリカルAWDです。
シンメトリカルAWDの最大の特徴は、縦置きに配置した水平対向エンジンを核として左右対称にレイアウトされたパワートレーンで、水平対向エンジンのもたらす低重心とパワートレーンの優れた重量バランスがAWDの安定性・走破性を最大限に引き出し、あらゆる天候・路面で優れた走行性能を発揮します。
SUBARUはこのハードウェアの強みに加え、「人を中心としたクルマづくり」の考え方のもと、クルマと乗員の一体感を高めるつくり込みを続け、高い次元での「安心と愉しさ」を実現してきました。

SUBARUの安全思想と走りの愉しさを支える中核技術としておよそ半世紀にわたって磨かれたAWD性能は、電動車においても進化を続けています。
日本をはじめ世界各地域で展開するe-BOXER*3搭載車では、モーター駆動の応答性の高さを活かしたより緻密なAWD制御により、雪上や氷上といった滑りやすい路面での安心感や、ラフロードなど悪路での走破性が更に高められました。
また、2022年発売予定のSUVモデルのEV「ソルテラ」、2020年代中盤に発売予定のストロングハイブリッド車においても、モーター駆動とAWD制御の協調でSUBARUのAWD性能は進化を続けます。

SUBARUは今後も、SUBARU独自の既存コア技術を進化させるとともに、時代変化に応じた将来技術を養い、高めながら「SUBARUらしさ」を磨き続け、世界中のお客様へ「安心と愉しさ」を提供していきます。

【ご参考】 「SUBARUらしさ」 Webサイト
https://www.subaru.co.jp/difference/

*1: シンメトリカルAWD以外のAWDを含む。
*2: 2018~2020年(暦年)販売実績ベース。他社からのOEM供給車を除く。
*3: e-BOXER:水平対向エンジンと​電動技術を組み合わせたSUBARU独自のパワーユニット。シンメトリカルAWDのレイアウトをベースに、コンパクトで高性能なモーターとリチウムイオンバッテリーを左右対称・一直線上に配置。(中国仕様ユニット名称は「INTELLIGENT BOXER」)
前のページに戻る