ニュースリリース

前のページに戻る
2021年5月20日

SUBARU 新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を納入開始

SUBARUはこの度、新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を警察庁へ納入しました。これは、SUBARU BELL 412EPXとして初めてお客様へ納入されるものです*1。本機は、当社宇都宮製作所にて操縦および整備の訓練等を行った後、岩手県警察で使用される予定です。

SUBARU BELL 412EPX は、SUBARUが米国ベル・テキストロン社と共同開発を行った*2412シリーズの最新型機です。過酷な運航条件の下でも高い信頼性を誇り、警察・消防・防災用途を中心に世界各国での展開を見込んでいます。また、陸上自衛隊では新多用途ヘリコプター「UH-2」 を開発する際の共通プラットフォームとして、SUBARU BELL 412EPXを採用しています。

【SUBARU BELL 412EPX webサイト URL】
https://aerospace.subaru.co.jp/412epx/

SUBARUは今後、SUBARU BELL 412EPXの製造・販売に加え、部品供給や定期整備等のアフターサポートを行っていきます。

*1:2019年6月18日 「SUBARU BELL 412EPX」 警察庁から世界初受注を獲得
https://www.subaru.co.jp/press/news/2019_06_18_7383/

*2:2018年7月17日 SUBARUとベル 412ヘリコプター発展型機で協業
https://www.subaru.co.jp/press/news/2018_07_17_6072/

SUBARU BELL 412EPX
前のページに戻る