前のページに戻る
2017年4月7日

SUBARU 2018年型「アウトバック」をニューヨーク国際自動車ショーに出展

ラギッドかつ上質な印象を更に強調した外装デザインへ刷新するとともに内装質感を向上
サスペンション設定の最適化等により乗り心地と操縦安定性を向上し、快適なドライビングを実現
エンジンやCVT 特性を変更し、メリハリのある気持ちの良い加速感を実現
ステアリング連動ヘッドランプを採用し、夜間の視認性を向上

SUBARUは、米国ニューヨークにて開催予定の2017年ニューヨーク国際自動車ショー(プレスデー:4月12日~13日/一般公開:4月14日~23日)において、2018年型「アウトバック*1」(米国仕様車)を出展します。

アウトバックは、乗用車、SUV、ステーションワゴンといった異なるカテゴリーの車両の長所を融合した、SUBARUのフラッグシップクロスオーバーモデルです。2018年型モデルの開発では、従来型モデルのラギッドかつ上質な印象を外装デザインにおいて一層強調しつつ、内装の質感を向上。また、フラッグシップモデルにふさわしい上質な乗り心地を実現すべく、サスペンション設定の最適化等により操縦安定性と乗り心地を更に向上するとともに、エンジンやCVT特性を変更することでメリハリのある気持ち良い加速感をも実現しました。安全性能についてもステアリング連動ヘッドランプ*2の採用により走行性能と共に更に進化させ、お客様に「安心と愉しさ」を提供します。

2018年型アウトバックの米国販売は今夏開始予定です。

*1: 日本名「レガシィ アウトバック」
*2: LEDヘッドランプ装着車

2018年型「アウトバック」(米国仕様)

【2018年型アウトバック(米国仕様)の主な改良内容】

デザイン

<エクステリア>

SUBARUアイデンティティを従来以上に強調した新造形のヘッドランプとフロントグリルの採用により、水平基調を際立たせた精悍なデザインとしつつ、SUV特有の逞しさを強調したフロントバンパーを組み合わせることで、アウトバックらしいラギッドなフロントフェイスを構築しました。
リヤバンパーについては、マットブラックのクラッディングを拡大することでラギッドな印象を更に強調し、フロントフェイスと統一感のあるデザインとしました。
18インチアルミホイール*3は新造形とし、ラギッドかつスポーティなデザインとしました。
新造形のLEDターンランプ付ドアミラー*3を採用することで、空力や静粛性、他車からの視認性を高めました。

<インテリア>

センターベントグリルやエアコンユニットと一体的にデザインされたフラットな大型センターパネルを採用。またディスプレイを8インチ化しました*3。
ハイグロスブラックとシルバーフレームのパーツを随所に採用*3することで、質感を向上しました。
インストルメントパネルとドアトリムにリアルステッチを採用*3。仕立てが良く上品なイメージを演出しました。
立体的でスポーティなデザインの新型ステアリングホイールを採用しました。
フロントドアガラスに遮音中間膜ガラスを採用し、遮音性能を向上させました。
メカニズム

<シャシー / トランスミッション>

サスペンション設定の最適化により、操縦安定性と乗り心地を向上しました。
電動パワーステアリングの制御を最適化し、より自然で滑らかな操舵フィーリングを実現しました。
ブレーキ特性を変更し、剛性感の高いしっかりとしたブレーキフィールを実現しました。
エンジンやCVT 特性を変更し、メリハリのある気持ちの良い加速感を実現しました。
安全
ステアリング操作に合わせてヘッドランプ光軸を左右に動かすステアリング連動ヘッドランプを採用*2。コーナーや交差点で車両進行方向を照射し、夜間の視認性を向上させます。
後側方警戒支援システムのインジケータランプを鏡面中からミラーサイドに移設。更にランプを大きく光るように変更することで、走行時の周囲の状況をより把握しやすくしました。

【2018年型「アウトバック」の主な仕様】(米国仕様)

  2.5i 3.6R
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
4,824 x 1,840 x 1,680*4mm
ホイールベース 2,745 mm
最低地上高 220 mm
エンジン 2.5ℓ水平対向4気筒
FB25エンジン
3.6ℓ水平対向6気筒
EZ36エンジン
排気量 2,498cc 3,630cc
トランスミッション リニアトロニック*5
最高出力 175hp/5,800rpm 256hp/6,000rpm
最大トルク 174lb.-ft./4,000rpm 247lb.-ft./4,400rpm
タイヤサイズ 225/65 R17、225/60 R18
乗車定員 5名

*3: 一部グレードに採用
*4: ルーフレール仕様により全高1,655mmのグレード有り
*5: リニアトロニック:フル電子制御自動無段変速(CVT)

前のページに戻る