前のページに戻る
2016年11月2日

スバル 米国でのインプレッサ生産を開始

富士重工業の米国生産拠点であるスバル オブ インディアナ オートモーティブ インク(以下、SIA)は、新たに北米向けインプレッサの生産を開始し、現地時間2016年11月1日(日本時間11月2日)に工場敷地内においてラインオフ式を実施しました。

式典にはSIAの為谷利明取締役社長(富士重工業 執行役員)など関係者が出席し、ラインオフする初号車を盛大な拍手を持って迎えました。

1989年9月に稼働を開始したSIAは、直近ではレガシィ、アウトバックの2車種を生産していましたが、今回のインプレッサの追加により、3車種の生産工場となりました。さらに、2018年には多人数SUVの生産を追加する予定です。当社の最重点市場である北米市場での販売が好調に推移する中、SIAでは継続して能力増強投資を行っており、標準操業における生産能力を、2016年3月末218千台から2016年末には394千台、2018年度には436千台へ引き上げていきます。

生産車は、主に米国、カナダで販売しており、2017年3月期のスバル生産台数は、過去最高の336千台(対前年比+42.3%)を計画しています。

富士重工業は、これからもブランドステートメント“Confidence in Motion”を通じ、スバルならではの魅力ある「確かなクルマづくり」を貫き、世界中のお客様へ「安心と愉しさ」を提供していきます。

【Subaru of Indiana Automotive, Inc.(SIA)の概要】
 ・所在地:5500 State Road 38 East, Lafayette, Indiana 47905 U.S.A.
 ・設立年月日:1987年3月17日
 ・資本金:794百万ドル
 ・代表者:取締役社長 為谷 利明
 ・従業員数:5,541人(2016年9月末現在)
 ・生産車種:レガシィ、アウトバック、インプレッサ(2016年11月現在)
 ・生産開始年月:1989年9月

<SIA外観> <新型インプレッサ(北米仕様)>
<SIA外観> <新型インプレッサ(北米仕様)>
前のページに戻る