ニュースリリース

前のページに戻る
2016年4月4日

富士重工業 日本カヌー連盟に協賛開始
~レガシィ アウトバック、CROSSOVER7、SUBARU XVを公式車両として提供~

富士重工業は、公益社団法人日本カヌー連盟(福田康夫会長)に協賛を開始し、大会運営を支える公式車両(レガシィ アウトバック、CROSSOVER7、SUBARU XV)の贈呈式を、4月3日に富山県にて行われた第39回NHK杯全日本カヌースラローム競技大会にて行いました。 様々なアウトドアスポーツの中でカヌーは、カヌー本体、パドル、ヘルメットやウェア、多様なメンテナンス品など多種大量な物品を運ぶ必要性があり、クルマが必要なスポーツです。 レガシィ アウトバックをはじめとするスバル車は、その高い走行性能とユーティリティを活かし、日本代表選手をはじめ、日本カヌー連盟の活動をサポートしていきます。
2016_0404_01_01 2016_0404_01_02
贈呈式の様子(右から) 矢澤一輝 選手 矢澤亜季 選手 羽根田卓也 選手 富士重工業執行役員 栗原宏樹 提供車両 レガシィ アウトバック
ニュースリリースに戻る