ニュースリリース

前のページに戻る
2015年1月26日

スバル 「アイサイト」を搭載するインプレッサ/SUBARU XVが予防安全性能アセスメントにおいて最高評価のJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」に選定

このたび、スバル独自の運転支援システム「アイサイト」を搭載するインプレッサ*1/SUBARU XV*1が国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA*2)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、評価点で満点を獲得し、最高評価であるJNCAP*3「先進安全車プラス(ASV+*4)」に選定されました。

予防安全性能アセスメントの評価点は40点満点で、衝突被害軽減制動制御装置(AEBS*5)[対車両]と車線逸脱警報装置(LDWS*6)の試験を行い、2点以上の場合には「先進安全車(ASV)」、12点以上の場合は「先進安全車プラス(ASV+)」として選定され、インプレッサ/SUBARU XVは40点満点で、「ASV+」に選定されました。

スバル車は、レヴォーグ*1/WRX S4*1(40点)、フォレスター*7(39.9点)、SUBARU XV HYBRID*7(39.3点)、レガシィ アウトバック/B4*1(40点)でも「ASV+」に選定されています。これまで評価が実施されたすべてのアイサイト搭載車種で「ASV+」に選定されており、アイサイトの予防安全性能の高さが実証されました。

富士重工業は、ブランドステートメントである“Confidence in Motion”を通じて、スバルならではの「安心と愉しさ」の提案を掲げています。この「安心と愉しさ」を支える重要な要素である「安全」を、ALL-AROUND SAFETY の考え方の基に、アクティブセーフティ、パッシブセーフティ、プリクラッシュセーフティの各技術進化により実現していきます。

<ご参考>
■試験結果詳細(NASVAホームページ)
  http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/list_all.html
■スバルオフィシャルウェブサイト(アイサイト紹介)
  http://www.subaru.jp/eyesight/

*1 アイサイト(ver.3)搭載車
*2 National Agency for Automotive Safety & Victims’ Aid
*3 Japan New Car Assessment Program
*4 Advanced Safety Vehicle +
*5 Autonomous Emergency Braking System
*6 Lane Departure Warning System
*7 アイサイト(ver.2)搭載車

15_01_26_111107-01
先進安全車プラス(ASV+)

15_01_26_111107-02

前のページに戻る