ニュースリリース

前のページに戻る
2021年12月16日

SUBARU 「インプレッサ」 一部改良モデルを発表

~インプレッサ誕生30周年を記念した特別仕様車を設定~

SUBARUは、「インプレッサ」を一部改良し、本日2021年12月16日に発表しました。

2021_1216_1-1_2021-12-14-184702
インプレッサSPORT 特別仕様車「1.6i-S EyeSight AccentBlack」

2016年10月に発表した第5世代インプレッサは、国内主力車種として、お客様に最高の「安心と愉しさ」を提供することを目指し、「SUBARU GLOBAL PLATFORM」や、国産車初となる歩行者保護エアバッグなどの新技術を採用。「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現したモデルです。

今回の改良では、2.0i-S EyeSight、Advance、STI Sportにフロントシートヒーターを標準装備*1し、インプレッサとして初めてファブリックシート×フロントシートヒーターの組み合わせを設定しました。1.6i-S EyeSightは、インストルメントパネル各部に加飾を追加。また、ボディカラーでは、Advanceにはラグーンブルー・パール、STI Sportにはクールグレーカーキを新たに設定しました。

さらに、インプレッサ30周年*2を記念し、1.6i-S EyeSightの内外装にSTI Sportのスポーティな世界観を加えた特別仕様車「1.6i-S EyeSight AccentBlack」を設定。専用デザインのホイールや、エクステリアをブラックカラーでコーディネートすることで引き締まった印象に仕上げました。

<SUBARUオフィシャルWebサイト インプレッサG4>
https://www.subaru.jp/impreza/g4/

<SUBARUオフィシャルWebサイト インプレッサSPORT>
https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

<SUBARUオフィシャルWebサイト インプレッサSTI Sport>
https://www.subaru.jp/impreza/impreza/stisport.html

<SUBARUオフィシャルWebサイト インプレッサ特別仕様車「1.6i-S EyeSight AccentBlack」>
https://www.subaru.jp/impreza/accentblack/

【インプレッサの改良点】

・ ファブリックシート×フロントシートヒーターを新たに設定
・ 1.6i-S EyeSightのインストルメントパネル各部に加飾を追加
・ Advanceに専用カラーとしてラグーンブルー・パールを新たに設定
・ STI Sportのボディカラーにクールグレーカーキを新たに設定

【インプレッサ特別仕様車「1.6i-S EyeSight AccentBlack」主な特別装備】*3

・ 17インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)
・ フロントグリル(ブラック塗装加飾付)
・ ルーフスポイラー(ブラック塗装、LEDハイマウントストップランプ内蔵)(SPORTのみ)
・ ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)(ブラック塗装)ブラックカラードドアミラー
・ ファブリック/トリコットシート(グレー/ブラック、シルバーステッチ)
・ メーターバイザーリング(ピアノブラック調)
・ パワーウインドゥスイッチ(ピアノブラック調加飾付)
・ アイサイトセイフティプラス(運転支援)[スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)]*4
・ アイサイトセイフティプラス(視界拡張)[フロント&サイドビューモニター]*4

*1:2.0i-S EyeSight、Advance、STI Sportは標準装備。その他の2.0Lモデルは運転席/助手席パワーシートとセットオプション、
 1.6Lモデルは本革シートとセットオプション
*2:初代モデルは、1992年に発表
*3:詳細はSUBARUオフィシャルWebサイトの「主要装備表」をご覧ください。
*4:メーカー装着オプション

【販売計画】1,000台/月

【価格表】

※:33,000円高(消費税10%込)
☆:写真掲載グレード

なお、商品等についてのお問い合わせは、最寄りの販売会社、またはSUBARU お客様センター「SUBARU コール」 0120-052215 までお願いします。
前のページに戻る