TOP > SUBARU PEOPLE/キャリアプラン_三浦涼子

キャリアプラン

個人と会社がWin-Winの関係を築き、理想とするキャリアを一緒に創っていく。

過去 - 総合職としてキャリアの選択肢を広げたい。

多くのステークホルダーから愛されている会社で、キャリアを築きたい。

大学の時に留学を経験し、将来はグローバルなフィールドで日本の高い技術力や想いが込められた製品を世界中に広めたいと考え、素材メーカーの総合職として就職。人と関わる仕事がしたいと人事部門を希望していましたが、経理財務室の配属になり工場で原価計算を、その後は本社に移動し事業部の損益計算を担当。無機質だと思っていた数字の裏には必ずメッセージがあり、経理の立場からそれを分析し提言することで、若くても事業部・製造部門の人たちの役に立てることに手ごたえを感じ、5年半働くなかで経理の面白さを感じることもありました。その一方で前職はジョブローテーションがほとんどなく、長い会社人生の中でこのまま経理パーソンとしてキャリアを重ねていくことに迷いがありました。また、BtoBビジネスであったため、最終消費者によりダイレクトに選んでいただける製品を扱うBtoCの会社で、新しいキャリアを探したいと思い転職を考えました。
転職エージェントに登録したものの、中途採用のためこれまでのキャリアが重視され、経理財務やコンサルタントのオファーが大半を占めました。転職活動は1年にもおよびましたが、諦めずに自分で探すなかSUBARUの総合職の募集を見つけて応募。今まで受けた会社との大きな違いは、面接で想いを伝えた時に、「安心してください、経理で培ったものを活かして、当社で新しいことをやってみましょう」という言葉をいただけたことです。これまでの5年半の経験を尊重しつつ、新しい挑戦の機会をくれた会社の懐の深さに感動しました。SUBARUはスバリストという言葉に代表されるように、特にお客様から愛されている会社。SUBARUで新しいキャリアを築きながら貢献したいと迷わず入社しました。

現在 - 今までの知識と新しいチャレンジで得た経験を活かす。

SUBARUグループを正しく理解していただくために、積極的に発信し、全社を巻き込んで取り組む。

経理経験を活かしつつマーケティングや広報に携わりたいという希望が叶い、広報部IR室(現在はIR部)に配属となりました。最初の5年間は機関投資家やアナリストに対しての情報開示を経験し、現在は東京証券取引所に対する適時開示、財務局への法定開示を担当しています。前職の経理でも数字を扱っていましたが、IRでは会社の中期経営ビジョンなどに沿って、より広い視点からマネジメントの意思を含めたメッセージを社外のステークホルダーに開示するところに手応えを感じています。ステークホルダーと長期的な関係を築くためにIRパーソンとして心がけていることは、会社にとって良い情報だけを発信するのではなく、会社に寄せられる意見や要望に真摯に向き合いコミュニケーションをはかっていくことです。「いかに正しく情報を管理しながら、適時適切に公開していくか」。多くの部署と連携し、様々な情報を迅速に把握するための体制づくり、人為的なミスで情報開示の誤りがおきないようシステムの導入、担当者が異動しても同じ業務品質を保てるようにマニュアルの作成・整備に取り組んでいます。また前職では業務分担・責任の所在が明確に定められており、それぞれの職務の立場での意見を強く主張しあう文化で育ちましたが、SUBARUの社員は思いやりがあって意見を尊重してくれる一方で、相手のことを考えるあまり課題を指摘することに遠慮があるように感じました。職位・職務の違いにこだわり過ぎることなく、率直な意見を交わすことがより良い結果へと導いてくれると思うので、SUBARUに入社してからも意識的に行うようにしています。それが中途採用で入社した自分が、会社にとって良い作用をもたらせることだと思っています。

そして未来へ - 個人と会社のより良いWin-Win関係を構築。

より愛される、より信頼されるSUBARUブランドへ。

前職で経理を、SUBARUでIRを担当し、経験・知識が積みあがっていくことを実感しています。いまIRには、会社の財務情報だけではなく、SDGsやサステナビリティへの取り組みなど非財務情報も統合的に発信することが求められています。そのためには非財務の知識もつけ、発信の仕方も新しい視点で考えていくことが必要だと感じています。今後は、今までの経験を活かしつつ機関投資家に限らず幅広いステークホルダーに対して情報を開示し、コミュニケーションをとることでSUBARUブランドの価値向上に携わりたいと思っています。現在のIR部のメンバーは10名、うち女性は6名と半数以上で、私の直属の上司も女性です。産休・育休や時短勤務など制度は整っていますし、復職率も高く、結婚・育児などライフイベントがあっても長いスパンでキャリアを考えられるのも魅力です。SUBARUは個人というよりもチームで仕事をし、関連部署と連携し、試行錯誤しながら新しいことに取り組んでいます。つらさは分かち合い、良いところは褒めあい喜びあいながら仕事を進めていくのは、SUBARUに入ってから学んだ大切なことです。
SUBARUの従業員はみな自社ブランドに強い愛着を持っており、会社をもっと良くするにはどうしたら良いかという話をよくしています。社内外のステークホルダーとSUBARUブランドに対する想いを共有しながら情報を開示することに、大きな喜びを感じています。個人としての自己実現を通じてSUBARUの成長にも貢献していけるというWin-Winの関係性を大切にし、これからも成長していきたいです。

PREV
募集職種を見る
スクロールトップボタン