COMPANY 代表メッセージ

Profile
Profile
Corporate Senior Vice President
General Manager
Human Resources Department
Hiromi Tsutsumi

SUBARUのDNAとは。

富士重工業株式会社から株式会社SUBARUへ。2017年4月に社名を変えました。それを機に私たちは100年の歴史を振り返って改めて「自分たちが何者なのか?」を考えました。私たちが大事にしてきたものは何か。これからも大切にしていくべきものは何か。そこで導き出されたのが次の4つです。「つねに挑戦者である。探求者である」「モノを徹底的に突き詰める」「考えて、考えて、考え抜く」「人を思う。相手の身になって考える」。航空機メーカーとしてスタートしたSUBARUは、この4つのマインドを1世紀の歳月を超えて大事にしてきました。だからこれは未来に向けてもしっかり継承していきたい。いわばSUBARUDNAです。いま私たちが求める人材像は、ここに挙げたDNAに共感し大事にしてくれる方です。それをふまえてSUBARUがどんな組織を目指していくのかをお話しします。

個性を許容できる組織でなければいけない。

百花繚乱。いろんな才能が咲き乱れる組織にしていきたいと考えています。いろいろな人がいて、いろいろな考え方があって、いろいろな価値観がある。個性の集合体として組織が一つの方向に向かって機能していくようにしていきたい。不確実な時代は、組織の同質性や一律性は大きなリスクになると考えています。自動車の大変革期のなかでお客様にどういう価値をご提案しようかと考えたとき、はたして何が正解なのか、明確な答えは誰ももっていません。2025年や2030年のマーケットを想像して、多様化する価値観の中でお客様が「これを待っていたんです」というものを開発・生産するためには、全員が一律で同じ考え方ではいけない。そして多様性を許容する組織でなくてはいけない。すべて一人で考えるのではなく、自分が考えたことを多様な考え方をもつ人とディスカッションしながら、やわらかい思考で未来を想像していく。そして、それを技術で形にしていく。そういう組織を目指しています。

Close