COMPANY 代表メッセージ

Profile
Profile
Director of the Board
Executive Vice President
Chief General Manager of Engineering Management Div.
Chief Technology Officer
Tetsuo Onuki

まず、自分たちが乗りたいと思えるクルマを。

もう34〜35年前の話。私が入社2年目の頃、初代レガシィの開発プロジェクトはスタートしました。商用車としてのクルマだけではなく、遊びにいくことが愉しくなるクルマをつくりたい。SUBARUとして未知のジャンルにチャレンジしようという、新しい何かがはじまる雰囲気が社内に溢れていました。私は車体設計を担う部署へ配属され、このプロジェクトに参加できたことが幸運でした。時代はスキーブーム。私も他のプロジェクトメンバーもみんなスキーをやっており、そこで自分たちがスキー場に遊びに行くとき、セダンやバンよりもっと乗り心地が良く、雪道でも安全なクルマをつくろうよ、という想いが生まれたのです。ですから当時の開発メンバーにとって、レガシィはまさに「自分たちが乗って愉しいクルマ」。お客様やマーケットのことはもちろん大切です。けれど、開発現場にいる自分たちが心から乗りたいと思うようなクルマでなければ、お客様にも乗りたいとは思っていただけない。これがSUBARUのものづくりの基本的な考え方であり、当時から今日まで変わらないスタンスです。私たちのつくるクルマが「他とはちょっと違う」と市場から評価いただける理由は、きっとここにあると思っています。

安心と愉しさを体現するためのテクノロジーでなければいけない。

SUBARUのクルマは、安心して運転を愉しむことができなければいけないと考えています。言い方を変えれば、ドライバーの運転する愉しさを排除したクルマをつくるつもりはないということ。自動車の大変革時代。クルマの価値観が変わるとも喧伝されています。そのなかでSUBARUがいかに存在感のある企業でありつづけるか。その答えがここにあると考えています。私たちは約30年前、自動運転という言葉がまだ世の中にない時代に運転支援システム「アイサイト」の開発をはじめました。その動機は、自動車による死亡事故をゼロにしたいから。それが自動車メーカーの使命だと思っているからです。現在の自動運転技術の開発も同じ。テクノロジーありきで自動車を変革させていくという発想はSUBARUらしくありません。SUBARUのDNAに刻み込まれた「安心と愉しさ」を体現したクルマづくりのために、必要となる技術を追求していくというのが私たちのクルマづくりです。

Close