お客様の信頼回復に
向けて

代表取締役社長 CEO中村 知美

これからも“安心と愉しさ”を
お客様にご提供するために

現在の自動車業界はCASEやMaaSと言った、新たな領域への対応が求められるなど100年に一度と言われる大変革期を迎えています。しかしながら、こうした時代にあっても、SUBARUがお客様へお届けしたい価値が“安心と愉しさ”であることには変わりありません。これまで以上に個性的で、「安心・安全」「走る愉しさ」を追い求めた、SUBARUらしいクルマ作りを目指していきます。また、“安心と愉しさ”をお客様に実感して頂くためには、提供する商品に確かな品質が備わっている事が不可欠だと考えています。

SUBARUはお客様に育てていただいたブランドです。その根っこにあるのはお客様からの「信頼」であり、その源泉は商品の安全性や走破性などの機能的特徴や、耐久性といった高い品質によるものであると確信しています。2018年7月に発表した中期経営ビジョン「STEP」においては、「品質改革」を最重要テーマの一つとして掲げました。私たちはブランドの根幹である信頼をより強固にするため、これらの改革にグループ一丸となって取り組んでいます。商品企画から生産、販売、サービスに至るまであらゆるプロセスにおいて質の向上を図り、「お客様が安心して長く使い続けることができる品質」No.1を目指します。

お客様に人生を愉しんでいただくこと、そのために安心してお乗りいただけるクルマをお届けすることが私たちの使命だと考えています。SUBARUはクルマがお客様の人生を豊かにするという強い信念を持って、いつの時代も、人を中心に考え、本質を追求したクルマづくりを続けてきました。これからもSUBARUは「安心と愉しさ」を提供する個性的で魅力ある商品を通して、お客様の人生のパートナーであり続けたい、お客様の笑顔を作るブランドでありたい、と考えています。これからのSUBARUに是非ご期待ください。

代表取締役社長 CEO
中村 知美