自動車解体業者様向け
リチウムイオン電池回収についてのご案内

「使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)」施行規則が2012年2月1日に改正・施行され、自動車に搭載されているリチウムイオン電池、ニッケル水素電池が『解体時の事前回収物品』に追加されました。

SUBARUでは使用済みリチウムイオン電池の適正な処理を行うため、回収を行っております。
リチウムイオン電池搭載車を廃車解体処理する場合、必ずリチウムイオン電池を取り外していただき、回収にご協力をお願いします。

SUBARUでは「一般社団法人 自動車再資源化協力機構」(以下、自再協)に回収業務の委託を行っております。
リチウムイオン電池の回収依頼要領は、自再協のホームページを参照してください。

<回収の流れ概要>

<高電圧バッテリー回収・リサイクルマニュアル>

事前回収作業時の安全確保のため、以下に掲載するマニュアル(共通編、車種別編)をよくお読みいただき、適正・安全な取り外し作業を行ってください。

<共通編>

高電圧バッテリー 回収・リサイクルマニュアル

<車種別編>

車種名 型式 PDF
フォレスター 2018年〜 フォレスター e-BOXER搭載車 (車台番号:SKE-002001〜)
SUBARU XV 2018年〜 SUBARU XV e-BOXER搭載車 (車台番号:GTE-002001〜)