前のページに戻る
2015年5月8日

スバル レヴォーグ、WRX、レガシィ、フォレスターが2014 年度「新・安全性能総合評価 ファイブスター賞」を受賞

このたび、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA*1)が実施した、自動車の安全性能を比較評価 する 2014 年度自動車アセスメント(JNCAP*2)において、レヴォーグ、WRX、レガシィ、フォレスターが最高の評価である 5 つ星を獲得し、「新・安全性能総合評価ファイブスター賞(JNCAP ファイブスター賞)」を受賞しました。
同賞は、2011 年度のレガシィ、2012 年度のレガシィ、インプレッサに続いての受賞となります。

また、2014 年度より開始された自動ブレーキなどの予防安全技術を評価する「予防安全アセスメント」において、「アイサイト」を搭載するレヴォーグ、WRX S4、レガシィ、フォレスター、インプレッサ、SUBARU XV、SUBARU XV HYBRID が最高ランクである JNCAP「先進安全車プラス(ASV+*3)」に選定されており、安全性能全般で高い評価をいただいています。

富士重工業は、ブランドステートメントである“Confidence in Motion”を通じて、スバルならではの「安心と愉しさ」の提案を掲げています。この「安心と愉しさ」を支える重要な要素である「安全」を、ALL-AROUND SAFETY の考え方の基に、0次安全、アクティブセイフティ、プリクラッシュセイフティ、パッシブセイフティの各技術進化により実現していきます。

■ スバルオフィシャルWEBサイト(テクノロジー)
http://www.subaru.jp/about/technology/spirit/spirit.html

*1:National Agency for Automotive Safety & Victims’ Aid
*2:Japan New Car Assessment Program
*3:Advanced Safety Vehicle +

15_05_08_115404
前のページに戻る