TOP > 開発秘話_episode 05

開発秘話

episode05 環境に優しいだけのクルマは、つくらない。

SUBARUの新しい歴史、はじまる。

未曾有の一大転換期を迎えている自動車業界。特にグローバル完成車メーカーにとって電動化領域は、創造的進化が求められており、その勢いは加速する一方です。背景にあるのは世界中で進む環境規制の厳格化。中でもアメリカ市場では、カリフォルニア州が定めているゼロエミッション自動車(ZEV)規制が2018年からいっそう強化されるなど、厳しさを増す環境規制への対応が急務になっています。アメリカ市場はSUBARUが快進撃を続けてきた主戦場。最優先テーマとして電動化に取り組む意思決定をしました。「現在、SUBARUとして初めてのプラグインハイブリッドを、まずはアメリカ市場へ投入することを目指し、急ピッチで開発を進めています。さらにその先には、EVの投入が控えています。そのEVにはSUBARUの技術力を結集した“スバルグローバルプラットフォーム”の採用も検討しており、環境性能だけではなく、車の総合性能の向上も両立していきます。」挑戦の気概を胸にそう語るのは、電動ユニット設計の担当部長である宇敷。世界的にニーズが高まっているEVへの参入は、言うなればSUBARUの新しい歴史の出発点です。ゆくゆくは全世界で競争力のある、SUBARUでなければ創れないEVの開発に挑みます。

SUBARUらしさを失わず、SUBARUらしさのさらなる進化に挑む。

SUBARUはEV参入の先発メーカーではありません。早い参入に最大の価値を置くという考え方も採りません。急いで製品を出すことのメリットよりも、デメリットの有無を徹底的に見極める。市場の成熟度も勘案して最適なタイミングで製品を投入し、社会での確実な普及を目指す。そうしたスタンスが何より大事と考えています。EVにはまだまだ克服すべき課題があるはずです。たとえば電池劣化や航続距離に関する基本性能面での課題。販売地域における充電インフラ環境の整備状況。SUBARUはアメリカの駐在員や研究機関から情報を集め、現地のインフラ整備の現状も見据えつつ的確な市場投入を目指していますが、SUBARUが志すEVは航続距離伸長化などの基本性能向上だけでよしとするものでもありません。宇敷は言います。「基本性能面で“安心”を提供できるレベルを達成したら、次は新次元の“乗る愉しさ”を極める。アクセルに対してのキビキビした追従性やリニアリティなど、電動モーターで走るEVならではのクイックな操作応答性の魅力最大化です。しかしそれでも不充分。お客様からこれまで永く喜ばれ、これからも期待され続けるはずのSUBARU独自の提供価値を、EVでも継承的・発展的に具現化していきます。」と。そこまでやり抜いてこそSUBARUのEVなのです。

ひとりでも多くの同志を待つ。自由闊達に未来を語り合おう。

競争力のあるEVの開発に向け、SUBARUでは過去最高レベルの研究開発費が投じられています。もちろん開発陣営の体制も強化中。様々な業界からの転職者を迎え入れています。その多くが、「独自のコア技術で独創的な開発がしたい」という願いや、「開発の初期段階から携われるはず」という的を射た期待感を抱いて来た人たち。入社してEV開発ならではの活躍範囲の広さを知り、意気に感じる人が多いことも特徴です。EVでは、全てのエネルギーマネジメントをEVコントロールユニットが司ることになるため、あらゆる部分が連動してきます。だからクルマ全体を見て開発を進めることになりますし、守備範囲が広いだけに成長機会に満ちています。そして、誰もが自由闊達にアイデアを出せるのがSUBARUの良さ。さらに、30年以上SUBARUで生きてきた宇敷は、最後にこう付言します。「SUBARUという会社には、昔も今も変わらない文化がある。どんな難事でも納得がいくまで諦めず、最後には必ず仕上げるという文化です。これだけやったのでもういいやとか、時間がないからこれでいこうとか、そういう理由でお客様への提供価値を犠牲にすることはない。その粘り強さが、たとえばアイサイトやBOXERエンジン、シンメトリカルAWDという独自技術を生んできたのです。EVの世界でも、必ず同じような革新の歴史を創っていきます。」

PREV
  1. 開発秘話_episode 01
  2. 開発秘話_episode 02
  3. 開発秘話_episode 03
  4. 開発秘話_episode 04
  5. 開発秘話_episode 05
  6. 開発秘話_episode 06
NEXT
ENTRYはこちら
スクロールトップボタン