SUBARUSUBARU 運動部

【都市対抗県大会】 試合の振り返りと2次予選展望  相手のミスを生かし、着実に加点

5日に行われた第92回都市対抗野球大会の1次予選県大会決勝でSUBARUは、春季大会の覇者・太田暁工業硬式野球クラブに9—3と快勝し、優勝しました。戦いを振り返り、2次予選を展望してみましょう。

下位打線が出塁し、上位打線が走者を返す好循環

試合は終始、SUBARUペースで進みました。SUBARUは、8四死球を出した相手投手の制球力不足と、4失策を記録した守備の乱れにつけ込み、着々と加点しました。

SUBARUの攻撃で特筆すべきは、四死球で出した走者をきっちり得点につなげたことです。
2-2の同点に追いつかれた直後の二回裏、先頭の7番・龍昇之介選手⑨と8番・小林亮介選手⓪の連続四球で無死一、二塁の勝ち越し機を得た場面。9番・笹谷拓海選手㉗が慎重に送りバントを決めた後、1番・日置翔兼選手④がセンター前にタイムリーヒットを放ちました。

二回裏、適時打を放って笑顔の日置選手

四回には先頭の小林選手が四球で出塁するとすかさず二盗。続く笹谷選手の死球で無死一、二塁。1死後、2番・森下智之選手⑬のセカンド内野安打、3番・葭葉幸二郎選手㉛のライト前ヒット、4番・山田知輝選手㉖のライト前ヒットと3者連続のタイムリーでたたみかけるなどして4点を奪いました。

四回裏、ライト前へ適時打を放った山田選手

そして五回にも、1死から四球で出塁した8番・小林選手が、9番・笹谷選手のショートゴロで二塁に進むと、1番・日置選手のライト前タイムリーヒットで生還しました。

3打席連続四球でいずれもホームを踏んだ小林選手ら下位打線が出塁し、1番・日置選手ら上位打線が走者を返す、という好循環が生まれました。

実力伯仲の北関東大会は少ない好機をつかんで勝つ

今回、相手は練習環境に制約のあるクラブチームでした。一、二回に挙げた4得点のうち3点もが、相手のミスが絡んだ得点でした。
28日に開幕する2次予選・北関東大会では、実力が伯仲する日立製作所、日本製鉄鹿島が相手。漁夫の利のようなチャンスが相手から転がり込んでくることは、そう何度もありません。

ここで思い起こされるのは、昨年の北関東大会第2代表決定戦です。3-3の同点で迎えた延長十回表、守備のミスで相手に決勝点を与えました。逆に、その裏の攻撃では、内野安打と四死球で無死満塁のサヨナラ勝ちのチャンスをもらいながら、決定打を奪えずに敗退しました。その悔しさは選手の胸に深く刻まれています。

1969年の都市対抗準優勝メンバーで富士重工業元監督の茂木啓司さんも「北関東大会に出場するチームはどこかが(実力的に)抜きんでているわけではない。試合をやってみないと分からない。とにかく防げるミスやつまらないミスをしない、無駄な四死球を出さないことが大事。自分たちの野球ができたチームが都市対抗に出場できるだろう」と話します。

SUBARU硬式野球部が挑む都市対抗2次予選・北関東大会は9月28日(火)に開幕!
場所は茨城県・日立市民運動公園野球場です。
チームは全力プレーで皆さんに元気をお届けし、東京ドームを目指します。ご声援を、よろしくお願いいたします!
*SUBARUの出場日や、観戦できるかどうかはこの公式サイトで随時お知らせいたします。