SUBARUSUBARU 運動部

補強の阿部・手塚両投手が大活躍!【JABA伊勢・松阪大会】

補強選手として日立製作所野球部に加わっているSUBARUの阿部博光、手塚周の両投手が、三重県で開催中の社会人野球の公式戦「JABA伊勢・松阪大会」(11月2日まで)で大活躍!11月28日開幕の都市対抗本大会に向け、両投手も実戦機会を得て持ち前の安定感を見せています。
伊勢・松阪大会は東海地区を中心に12チームが参加しており、4チームずつ3つの予選グループに分かれて総当たりのリーグ戦を行い、上位4チームが準決勝へと進みます。

 

|阿部投手:パナソニック戦で先発

 相手に三塁を踏ませない素晴らしい投球

オープン戦でも公式戦でも好投する阿部投手

日立製作所は30日の初戦(対パナソニック)で阿部投手を先発起用。阿部投手は外角への直球の走りが良く、一回を3人で切って取ると、二回も2死一、二塁とされながら球威で相手を上回り、決定打を与えません。打線も3ランホームランなどで4点を先行して阿部投手を援護しました。

左打者の外角へ沈む変化球と、内角への直球のコンビネーションが光った阿部投手。4番に補強選手を据えて強化を図ってきたパナソニック打線に三塁を踏ませず、4イニングを1安打1四球の素晴らしい内容。チームは5-2で快勝し、好スタートを切りました。

 

|手塚投手:トヨタ戦で先発

 3イニングで5奪三振!

 

31日の第2戦の相手は都市対抗優勝経験のある東海地区の雄・トヨタ自動車です。今度は手塚投手が先発で起用されました。

伊勢・松阪大会で、相手打者を次々と仕留めた手塚投手

SUBARU魂を静かに燃やしてマウンドに上がった手塚投手。落差のあるスプリット、打者の手元で微妙に動くチェンジアップでバットを振らせると、内角への速球が決まります。2者連続三振の立ち上がりで仕上がりの順調さを示しました。
チームは終盤に勝ち越し点を奪われて1-3で惜敗しましたが、手塚投手は3イニングを投げて被安打1、5奪三振で無失点に抑えて序盤のリズムを作りました。試合後に手塚選手は「先発投手の1枚として計算してもらえるように臨んでいます。とはいえドームでの本体会になれば、負ければ終わりのトーナメントなので総力戦ですから、中継ぎでも抑えでも貢献できるようにスタンバイします」と、試合後に力強く話してくれました!

第92回都市対抗は11月28日、東京ドームで開催されます。阿部・手塚両投手の活躍にぜひご声援をお願いいたします!

都市対抗野球2021組み合わせ