SUBARUSUBARU 運動部

【都市対抗北関東第2代表T2回戦】きょうも大勢のサポーターが集結!

第2代表をかけた勝負がスタート。チームを後押ししようと、この日もスタンドには大勢のSUBARU応援団が集結しました!

試合前、三塁側スタンドでのぼり立てや関係者席の設営にあたっていたのは総務課の田辺真悟さん(写真右)たちです。

田辺さんは野球部OBで、現役時代は指名打者などで活躍しました。試合中は社員の方の客席への誘導などで奔走していましたが、「試合が気になって仕方ないです」と笑顔。「ここからは勝っていくだけ。悔いのないようにプレーしてほしいです!」と野球部の後輩たちにエールを送ってくれました。

 

この日、SUBARUは先制点をあげ、その後も終始リード。大崎篤運動部長(写真左)は「地元・太田でこれほどの大応援団の後押しを受けながら野球ができる選手たちは幸せだ。その喜びをかみしめながら、このまま3連勝してほしい」と激励。

 

小林達朗後援会長(写真右)は「きょうは打線もいい当たりをしており、大勢の人が集まってくれて雰囲気も最高だ。これがSUBARUの野球です」と笑顔。

棟田和幸運動部副部長も「阿部投手のストレートが走っており、いい試合ができている。このまま3連勝あるのみです!」

スタンドでは、製造本部群馬製作所副所長の板東信行さん(前列右から2人目)も職場の皆さんと一緒に観戦!

「打撃陣がよく打っているし、阿部投手の球も走っている。3連勝で第2代表を勝ち取ってほしい。我々はスタンドを盛り上げます!」と熱いメッセージをいただきました!

 

おそろいの「2番」でエール

ひときわ目立つ「2番」のユニフォーム姿のお二人は、君島健太選手が所属する成形塗装課の伊藤優さん(右)と橋本浩光さんです。

「キミは職場でも気さくで可愛い存在です」と伊藤さん。ユニフォームは君島選手からのプレゼントで、橋本さんも「ヒットが出ているし、連勝で代表決定戦まで行ってくれるはず」と期待を込めて試合を見守っていました。

 

次戦は第2代表をかけた勝負の第2戦、第2代表トーナメント3回戦です。試合開始は4日(土)午前9:00。エイジェックと戦います!