SUBARUSUBARU 運動部
試合情報2022.04.18

2連勝!チームのアニキ・君島捕手が3安打の大暴れ【日立市長杯・第2戦】

日時
2022年4月18日(月)試合開始11時30分
場所
ひたちなか市民球場
1 2 3 4 5 6 7 8 9
SUBARU 0 0 0 4 0 1 0 0 0 5
JFE東日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
打順 守備 氏名 打席 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 四死球 三振
古川
小玉
森下
DH 川口
H 石田 0 0 0 0 0 0 0
三浦
後藤
君島
日置
投手 氏名 回数 打者 打数 安打 本塁打 四死球 三振 失点 自責点
手塚 36 32

今季初の公式戦・日立市長杯の第2戦。SUBARUの相手は、2019年の都市対抗優勝の強豪・JFE東日本です。
4回に4番・川口貴都選手(背番号3)がレフト前ヒットで流れを呼び込むと、後輩からの信頼厚い兄貴分・君島健太捕手(背番号2)が、レフト前へのタイムリーヒット!君島捕手は計3安打と大暴れし、守りでも頭脳派エース・手塚周投手(背番号19)との呼吸はぴったり。初戦に続いての完封勝利を収めました。

Player of the game!
― チームのアニキ・君島健太捕手、バットでもチーム引っ張る ―

後輩の悩みにじっくり耳を傾けるなど、面倒見の良さでチームメートからの信頼が厚い君島捕手。この日はバットでもチームを引っ張りました。
4回1死満塁からレフト前へタイムリーヒット。6回表もライト前ヒットを放って追加点に絡みました。
「若い選手が余裕を持って思い切りプレーできるよう、打撃でも守りでもリードしたい」と、力強く話してくれました。

試合経過
4回1死から連打と四球で満塁とし、7番・後藤克基選手(背番号5)が7球粘って押し出し四球。
さらに君島健太選手が三遊間を破るレフト前タイムリー。

日置翔兼選手(背番号4)もセンターへの犠牲フライで3点目を追加します。
2死から打順はトップへ返り、古川幸拓選手(背番号14のセンター前タイムリーで追加点を挙げます。

古川選手のタイムリーで還ってきた後藤選手を笑顔で迎えるベンチ

6回には四球と君島選手のライト前ヒットで1死一、二塁とし、日置選手がライトを深々と破るタイムリー二塁打で1点を追加します。
先発の手塚投手は要所でゴロアウトを量産し、144球の完封で勝利を飾りました!

完封勝利した手塚周投手

バッテリー 投手:手塚
捕手:君島
打撃 二塁打:日置
三塁打:
本塁打:

スターティングメンバー

打順 選手名 守備
1 古川 センター
2 小玉 ショート
3 森下 サード
4 川口 DH
5 三浦 レフト
6 ライト
7 後藤 ファースト
8 君島 キャッチャー
9 日置 セカンド
代打:
石田