SUBARUSUBARU 運動部
試合情報2021.09.24

22日【オープン戦】対日本通運 順調な仕上がり見せた投手陣

日時
2021年9月22日(水)試合開始12時00分
場所
太田市運動公園
1 2 3 4 5 6 7 8 9
SUBARU 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
日本通運 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

 SUBARUは22日、日本通運と太田市運動公園野球場でオープン戦を行いました。
 28日に開幕する都市対抗2次予選の北関東大会に向けて、腕試しをするには申し分のない相手。
 両チームの投手陣が好投して1-1で引き分けました。

 この日の収穫は、阿部博光投手㉙を始め、投手陣が順調な仕上がりを見せたことでした。

 

 

強豪・日本通運相手に好投した先発・阿部投手

 

 

 日本通運は4月のJABA日立市長杯で優勝した強豪。
 その日立市長杯で、SUBARUは日本通運とは準決勝で対戦し、0-1で惜敗しています。
 その試合で先発したのが阿部投手が、この日のオープン戦でも先発しました。

 

自信を深めた先発・阿部

 一回、先頭打者にヒットを許すも、後続を抑えて無難な立ち上がり。
 やや制球を乱した二回に、3四球を出すも併殺打などに仕留め、無失点で切り抜けました。

 1点リードで迎えた四回に失点しましたが、これはアンラッキーでした。

 ヒットでノーアウトの走者を出したものの、内野ゴロ二つで2アウト。迎えた8番打者を内野ゴロに打ち取ったかに思えましたが、これを野手がエラーして三塁走者がホームイン。同点に追いつかれました。

 阿部投手は五回を投げ、日本通運打線を1失点(自責点0)に封じ、先発投手として上々の結果。
 北関東大会に向けて自信を深めました!

 

リリーフ陣も奮闘

 川上雄太朗投手⑪が1イニングを打者3人でぴしゃりと抑えると、九回に登板した山本龍之介投手⑳が威力のある速球でぐいぐいと押し、3者凡退で締めました。

 新人左腕の八野田龍司⑰、ベテラン右腕の小野和博投手⑯は走者を出しても落ち着いた投球を見せました。

 

ルーキー・小林が先制点

 

打撃好調の小林選手

 

打線が先制点を奪ったのは二回。

「走者がいない時は長打でチャンスメークしたい」と話す先頭の4番・山田知輝選手㉖がツーベースヒットで出ると、続く岩元聡樹選手㉔の内野安打でノーアウト一、三塁。

 中軸打者がお膳立てした好機に応えたのが、7番のルーキー・小林亮介選手⓪。

 ストライクを取りに来た2球目の甘い球を見逃さずに強打し、センター前にクリーンヒット!先制点をもぎ取る積極的なバッティングは見事。新人ながら勝負強さを秘めています。

 

バッテリー 投手:阿部(5回)、川上(2回)、小野(1回)、山本(1回)
捕手:笹谷
打撃 二塁打:山田(知)
三塁打:
本塁打:

スターティングメンバー

打順 選手名 守備
1 日置 セカンド
2 森下 センター
3 葭葉 DH
4 山田(知) ライト
5 岩元 ファースト
6 石田 サード
7 小林 ショート
8 レフト
9 笹谷 キャッチャー
代打:
三浦、鎌仲
代走:
古川、遠藤