SUBARUSUBARU 運動部
試合情報2021.09.16

【オープン戦】対JR東日本東北 新人・小林選手の一発が光った一戦

日時
2021年9月16日(木)試合開始12時30分
場所
太田市運動公園
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東日本東北 0 0 0 0 0 1 2 1 0 4
SUBARU 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2

SUBARUは16日、都市対抗26回出場のJR東日本東北(仙台市)と太田市運動公園野球場でオープン戦を行いました。終盤に新人・小林亮介選手⓪のホームランで追い上げましたが、2-4で敗れました。

7回3失点も先発の役割を果たした手塚投手

先発したのは入社2年目の右腕・手塚周投手⑲。昨年は日立製作所に補強され、東京ドームのマウンドに立ち、自己最速の150キロをマークしました。今季は阿部博光投手㉙とともに投手陣の「2枚看板」の一人として飛躍が期待されています。

手塚投手は二回の1死一、二塁を併殺でしのぐなど、走者を出しても落ち着いたピッチングで決定打を許さず、五回まで無失点と好投しました。

しかし六回、簡単に2アウトを取った後に迎えた相手の中軸打線につかまりました。3番、4番打者の連続長短打で先制点を奪われました。続く七回には、先頭打者に3球目の甘い球をレフトスタンドに運ばれました。さらに2アウトから、四球で出塁した走者に二盗を許すと、1番打者のセンター前へのタイムリーヒットでこの回2点を失いました。
7イニングを投げ、9安打3失点、6奪三振の投球内容でした。あくまでも照準を合わせているのは28日に開幕する北関東大会。これからどんどん調子を上げていきます。

積極的なバッティングが光る小林選手

打線で気を吐いたのが入社1年目の小林選手です。3点を追う七回、1アウト二塁の場面で初球の甘いストライクを見逃すことなく、レフトスタンドに2ラン!

新人ながら身長183センチの大型遊撃手として期待されています。4年目の遠藤康平選手⑥とショートのレギュラー争いを演じる中、4月のJABA静岡大会では4試合に先発出場し、7割1分4厘の高打率をマークするなど与えられたチャンスで結果を残しています。

今月5日の1次予選県大会では3四球を選んで3得点をマークし、長打も狙える打撃力だけでなく、選球眼の良さもアピールしました。今後も小林選手のプレーから目が離せません。

若き主砲のバットに期待

チームの得点力アップには3、4、5番のクリーンアップの働きが重要になります。
前日の試合で2打点をマークした3番の葭葉幸二郎選手㉛は第1打席でツーベースヒットを放ち、5番の岩元聡樹選手㉔も2安打をマークと、しっかりを役割を果たしました。

入社2年目の4番・山田知輝選手㉖はこの日、ノーヒットに終わりましたが、公式戦で3割を超える得点圏打率を誇るバットがチームを勝利に導く快音を響かせてくれるはずです。

バッテリー 投手:手塚(7回)、八野田(1回)、山本(1回)
捕手:笹谷
打撃 二塁打:笹谷、
三塁打:
本塁打:小林

スターティングメンバー

打順 選手名 守備
1 日置 セカンド
2 森下 センター
3 葭葉 DH
4 山田(知) ライト
5 岩元 ファースト
6 石田 サード
7 小林 ショート
8 レフト
9 笹谷 キャッチャー
代打:
古川、三浦
代走:
遠藤