SUBARUSUBARU 運動部
試合情報2021.09.15

【オープン戦】対 明治安田生命  攻撃陣が再三、好機演出

日時
2021年9月15日(水)試合開始12時30分
場所
明治安田生命グラウンド
1 2 3 4 5 6 7 8 9
SUBARU 0 0 1 0 0 0 1 0 1 3
明治安田生命 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3

3年ぶりの都市対抗野球大会出場を目指すSUBARUは15日、過去都市対抗6回出場の明治安田生命とオープン戦を行い、3-3で引き分けました。再三、チャンスを作った打線の好調ぶりがうかがえました。

苦しみながらも要所を締めた阿部投手

先発マウンドに登ったのは、投手陣を支える柱の一人として復活が期待される阿部博光投手㉙です。大卒3年目の左腕は立ち上がり、リズムに乗り切れず失点を許しました。先頭打者をセンター前ヒットで出塁させると、送りバントと死球で1アウト一、二塁のピンチを迎えました。ここで4番打者にタイムリーツーベースを浴びると、続く5番打者にはセンターに犠牲フライを運ばれて2点を先取されました。しかし、二回以降は走者を出しながらも、要所を締めて追加点を与えず、味方の反撃を待ちました。

好調・日置選手がこの日も適時打

すると打線は三回、日置翔兼選手④、森下智之選手⑬の1,2番コンビの連続ヒットで1死一、三塁の得点機を演出しました。ここで今季飛躍が期待される3番・葭葉幸二郎選手㉛の犠牲フライで1点を返します。

1点を追う七回、新人の7番・小林亮介選手⓪がレフト前ヒットで出塁。すかさず8番・龍昇之介選手⑨が送りバントを決め、9番の代打・三浦颯大選手㉘が粘って四球を選び、1アウト一、二塁。この同点機に打撃好調の1番・日置選手がライト前にタイムリーヒットを放ち、二塁から小林選手を迎え入れました。

勝ち越し許すもすかさず反撃

しかし、同点にした直後の七回、阿部投手がツーベースヒットと送りバントで1アウト三塁のピンチを背負うと、代打出場した3番が放った犠牲フライで勝ち越しを許してしまいます。

阿部投手は七回途中3失点で降板となりますが、打線が土壇場の九回に粘りを見せました。
先頭の代打・古川幸拓選手①がしぶとく食い下がってセンター前ヒットで出塁。君島健太選手②の送りバントで1アウト二塁とします。
そして代打・遠藤康平選手⑥が四球、代打・鎌仲純平選手⑦がレフト前ヒットで続いて1アウト満塁に。ベンチの起用に応えて代打陣が好機を築きました。クリーンアップに打順が回り、3番・葭葉選手がこの日2打点目となる犠牲フライを放ち、同点に追いつきました。

八回から登板した3年目右腕の上原進投手⑱は2イニングを2安打無失点に抑えました。
試合は引き分けに終わりましたが、再三の得点機を演出した点は好材料。打線のさらなるつながりに期待してください。

バッテリー 投手:阿部(6回2/3)、成田(1/3回)、上原(2回)
捕手:笹谷、唐谷
打撃 二塁打:石田
三塁打:
本塁打:

スターティングメンバー

打順 選手名 守備
1 日置 セカンド
2 森下 センター
3 葭葉 サード
4 山田(知) ライト
5 岩元 ファースト
6 石田 DH
7 小林 ショート
8 レフト
9 笹谷 キャッチャー
代打:
遠藤、鎌仲、三浦
代走:
樋口
守備交代:
古川、唐谷