SUBARUSUBARU 運動部

ニューイヤー駅伝2019

■監督コメント

元日の早朝から熱いご声援、誠にありがとうございました。
選手たちは本当に良くやってくれましたが、入賞にあと一歩及ばず10位という結果となりました。
当初の想定とは異なりましたが、現段階でのベストと思われるオーダーを組んだつもりでした。
今は頑張ってくれた選手たちに、入賞させてやれず申し訳ない気持ちと悔しさでいっぱいです。
東日本の予選以降、殆どの選手は入賞を目標に一生懸命取り組んでくれました。
しかし、その真剣度に温度差があったのは事実で、その緩さが最後の詰めの甘さに繋がったと理解しています。
今回の悔しさを教訓とし、一年間掛けてチームとして成長した状態で、次回必ずリベンジしたいと思います。

 

■1区 阿久津選手 スタート ⇒ 21位

2019NY駅伝1区阿久津

阿久津選手コメント】

5年連続の1区を任されました。前半からスローペースにしてしまい、飛び出す元気はなく終盤の勝負どころできつくなってしまい前で勝負することができませんでした。
区間順位は悪いものの前とタイム差があまりないところで渡せたので最低限の走りはできたと思います。
チームの目標として入賞を掲げ、目の前まで見えて届かなかったのは悔しかったですが見せ場はそれなりに作れたと思います。
地力は上がってきています。今後もしっかり練習し、入賞するチームにしていきたいと思います。
朝早くから応援ありがとうございました。

 

■2区 LEDAMA選手 21位 ⇒ 5位

2019NY駅伝2区レダマ

【LEDAMA選手コメント】

阿久津が、先頭と大きく離れる事なくたくさんのターゲットを作って襷を繋いでくれた。
前半から攻めの走りで、チームの目標である入賞圏内に順位を上げる事ができた。
個人の目標である区間トップ5にも入り、個人としてはいいレースが出来たと思う。
チームとして入賞を逃したのは残念だが、次こそは8位入賞にトライしたい。
応援ありがとうございました。

 

■3区 牧選手 5位 ⇒ 1位

2019NY駅伝3区牧

【牧選手コメント】

地元の群馬県開催であるニューイヤー駅伝で、地域や会社の方々を元気づけたいという想いを込めて走りました。それを体現するために、ハイペースを恐れずに攻めの走りで前を追い、先頭まで行きました。走りを通じて見ている方々へ何かを伝える事ができたとしたら幸いです。
総合順位は10位でした。8位入賞を逃し本当に悔しいです。僅かな差ですが、チーム全体の甘さが8位までの2つとの差に現れたものと受け止めてます。『強いチーム』を作っていかなければならないと感じます。
今回私は、間違いなく皆さまの声援の後押しで最後まで持ち堪えることができました。あらためて、SUBARU陸上部への応援本当にありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

■4区 小山選手 1位 ⇒ 5位

2019NY駅伝4区小山

【小山選手コメント】

初の最長区間で緊張はありましたが、最高の位置で襷を繋いでくれたので気持ちよくスタート出来ました。
前半は欲張りすぎずに後半粘るプラン通りの走りでしたが順位を4つ落とし、他チームのエースとの力の差を痛感しました。
後半区間の後輩たちも胸が熱くなる走りをしてくれましたが結果は総合10位。入賞のチャンスがあっただけに悔しさだけが残る結果でした。
この結果を真摯に受け止め、今後同じ思いをしない、させないためにより一層精進して参ります。
最後になりますが早朝から応援、ご支援をありがとうございました。鳥肌が立つほどの声援には沢山の力を貰えました。次は必ずこの応援に応える走りをしますので今後とも叱咤激励をよろしくお願いします。

 

■5区 口町選手 5位 ⇒ 7位

2019ニューイヤー駅伝口町

【口町選手コメント】

テレビの前から、沿道からたくさんの応援ありがとうございました。また沿道からの「SUBARU頑張れ!」の声には大変励まされました。
昨年に引き続き5区を走りました。結果は中盤に失速してしまい順位を2つ下げ、区間順位でも11位と目標としていた一桁順位で走る事が出来ませんでした。
当初4区を走る想定で準備を進めていましたが、ニューイヤー駅伝まであと2週間という所で故障をしてしまいました。直前での想定区間の変更でチームスタッフ、選手には迷惑をかけてしまいました。
昨年の22位から今年の10位という結果にはこの1年間でチームのレベルが上がった事を実感しました。一方で8位以内入賞という所もみえていただけに悔しい気持ちがあります。この悔しさを忘れず来年は笑顔でゴールを迎えられるようまた1年間頑張ります。
2019年もSUBARU陸上競技部へのご声援、宜しくお願いします。

 

■6区 藤原選手 7位 ⇒ 5位

2019NY駅伝6区藤原

【藤原選手コメント】

初のニューイヤー駅伝となりましたが、前半から冷静にレースを運び粘りどころでも順位を上げることができたので狙った走りはできたと思います。
レースの前まで調子がなかなか上がらずに本来走らなければいけない区間に行けなかったことなど思い通りにいかない部分もありましたが多くの人のサポートがあり諦めることなく出走することができました。
総合10位という順位をしっかりと受け止めてさらに上のレベルのチームになるために1から自分を鍛え直していきたいと思います。
多くのご声援ありがとうございました。

 

■7区 塩谷選手 5位 ⇒ 10位

2019NY駅伝7区塩谷

【塩谷選手コメント】

入賞が目標ということで、5位で襷を貰う事が出来たのですが、順位を落とし10位でゴールテープを切りました。
自分一人の不甲斐ない走りで入賞を逃してしまい、悔しい気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。
メンバー全員が入賞に向け強い想いで練習や生活をしている中で、自分も同じ気持ちでやってきたつもりでしたが、全く足りなかったのだと感じます。
そして、普段での生活での甘さが、期待のかかる大事な場面でプレッシャーに負け、普通の走りすら出来なくさせたのかと思います。
地元の期待に応えられず、また入賞圏内で来てくれた他のメンバーの頑張りを無駄にしてしまい、取り返しのつかない事をしてしまったと思っています。
今回の駅伝は人生の中で一生忘れてはいけない大会になりました。
最後になりますが、元日からたくさんのご声援ありがとうございました。

 

 

たくさんのご声援ありがとうございました。 結果についてはこちらのサイトをご覧ください。