SUBARUSUBARU 運動部
試合結果2018.07.09

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2018北見大会

日時
2018年7月7日(土)
場所
北見市東陵公園陸上競技場
種目 選手名 順位 タイム
10000m 牧 良輔 B組3位 28分45秒60(自己新)
10000m 藤原 滋記 B組5位 28分48秒54(自己新)

7月7日(土)にホクレン・ディスタンスチャレンジ2018北見大会が開催され、SUBARU陸上部から10000mに牧選手、藤原選手が出場しました。

 

■監督コメント

ホクレンディスタンスチャレンジの北見大会に牧と藤原が出走。
雨上がりで気温は12〜13度。無風という絶好の条件の中、ペースメーカーも1000m2’53”のイーブンでペースメイクしてくれました。
アメリカ合宿以降、好調の藤原は先頭に近い位置、牧は真ん中あたりの位置でレースを進めました。
二人とも落ち着いた走りで集中しており、危なげのない走りでした。
レースは終盤まで一定のペースで進み、残り1000mからは藤原が先頭争いをしましたが、トップの選手に振り切られ、ペースが落ちたところで牧がスパート、最後は藤原を交わしてゴールしました。
二人とも自己記録を大きく更新し、やってきた練習の成果を発揮してくれました。次レースでも好走を期待するとともに、他の選手も続いてもらいたいと思います。

 

 

■牧選手コメント

終始安定したペースでレースが推移し、ラストスパートに備えることができる理想的な展開でした。記録的にも上期の目標であった全日本実業団の標準記録を突破できひと安心です。次の深川大会が上期のラストレースなので、良い締めくくりとなるよう頑張ります。

2018hdc牧

2018hdc牧藤原

 

■藤原選手コメント

記録を狙うべきレースで自己新記録を出すことができ、今後につながるレースができたと思います。その反面でラストの振り絞る場面で競り負けてしまい経験と力不足を感じました。群馬選手権と今回のレースを終えて着実に力がついているのは実感できているので1週間後のホクレン士別大会も思い切ったレースをしていきたいと思います。
応援ありがとうございました。

2018hdc北見藤原①

2018hdc藤原アップ

 

総合結果については、こちらのサイトをご覧ください。

 

ご声援、ありがとうございました。