SUBARUSUBARU 運動部

陸上競技部について

監督ごあいさつ

監督 奥谷 亘

日頃よりSUBARU陸上競技部に対し、多大なるご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
我々SUBARU陸上競技部は【マラソンで世界へ】をモットーにチーム作りをし、その目標のもと、選手たちは毎日厳しいトレーニングを積んでおります。

昨年度は長らくの低迷で悔しい思いをしていた選手たちの中から、自立した選手がシーズンを通し各種目で自己記録を更新し、日頃の練習の成果を発揮してくれました。
駅伝でも東日本の予選では、過去最高の3位。その勢いを持って挑んだニューイヤーでは終盤力負けし10位でしたが、一時先頭に立つなど、インパクトのある走りができました。入賞こそ逃しはしましたが、大会毎に日替わりヒーローが現れるなど、今後に期待が持てる走りを選手たちはしてくれたと思います。
それも、選手・スタッフがこれまでの悔しさを忘れずに取り組んでくれた結果だったと感じています。

さて、今年度は新人が4名加わり、以前に比べて非常に若いチームになります。
しかし、頼りになるベテラン、成長してきた中堅もおり、バランスの良いチームになってきたと感じています。今年度はこの勢いを更に加速させ、応援して下さる皆様に、我々の走りで元気や感動を発信します。
そして各選手が抱いている夢の実現を目標に、日々精進していきたいと思います。

今年度も変わらぬ熱いご声援を宜しくお願い致します。

奥谷