RECRUITING 2021 PRE-ENTRY

2021年卒の方向けのプレエントリーページです。下記のいずれかからエントリーをお願いします。

北陸スバル自動車株式会社

募集中

会社概要

設立
1959年7月
資本金
3,000万円
従業員数
304名(2020年4月1日現在)
売上高
144億円(2020年3月期)
代表者
代表取締役社長 上野 修
住所
〒921-8539 石川県金沢市泉本町3丁目102
電話
076-241-5121
E-mail
saiyou@hokuriku-subaru.co.jp
HP
https://www.hokuriku-subaru.co.jp/

採用情報

初任給
営業職:191,300円(四大卒)/178,000円(短大・専門学校卒)
整備職:178,000円(短大・専門学校卒)
※2020年4月入社~ ※実績に応じて販売報奨金加算
諸手当
準社用車手当(営業職:10,000~35,000円/月)、
技能手当(整備職:スバル認定資格・検査員・整備主任技術者等)、
家族手当・役職手当・時間外手当・通勤手当
昇給・賞与
昇給:年1回(6月) 賞与:年2回(7月、12月)※2019年度実績5.3ヶ月
勤務地
北陸3県内15店舗(石川県6店舗・富山県6店舗・福井県3店舗)
勤務時間
9:15~18:00(うち休憩75分)
休日
年間休日108日+計画有休5日=113日
【内訳】①定休日93日:水曜日、第一・第三火曜日、その他会社カレンダー
②個人選択休:8日(土日可) ③班別休:7日 ④計画有休:5日 合計113日
※GW/夏季/年末年始に約1週間長期休暇あり
有給休暇・育児休暇(女性育休取得100%)・特別休暇・慶弔休暇・介護休暇
福利厚生
各種社会保険 ・退職金制度 ・確定拠出年金 ・車両購入規定(車両・整備・部品)・団体保険加入割引 ・定年再雇用規定 ・育児時短勤務 ・定期健康診断・インフルエンザ予防接種 ・人間ドック会社補助 ・公式クラブ制度(野球・サッカー・ゴルフなど)
教育・研修
新人研修・スバルアカデミー専門教育・階層別研修・各種商品研修・店舗でのOJT(メンター制度あり)
採用担当者
北陸スバル自動車株式会社 営業支援部 桜本、番戸平
試用期間
最長3ヶ月(待遇に差異なし)
過去3年間の新卒採用者数
(男女別)
2018年 ◇営業職(男4・女2) ◇整備職(男7・女1)
2019年 ◇営業職(男2・女0) ◇整備職(男7・女0)
2020年 ◇営業職(男1・女1) ◇整備職(男1・女0)
平均有給休暇取得日数
(2019年度実績)
9.6日
採用担当者からひと言
仕事に求めるものは人それぞれ。でも「自分の人生を愉しく生きる」という点で見ると、弊社ではそれに当てはまる社員が多いです。大きくはないけれど、「仕事もプライベートも」「自分らしく」「地元に貢献」「安定経営」そんなワードがあてはまる「ちょうどいい会社」です。

社長からのメッセージ

熱いハートと素敵な笑顔を持つあなたをお待ちしています。

代表取締役社長 上野 修 Ueno Osamu

SUBARUは、クルマを単なる移動手段でなく、「人生を豊かにしていくための大切なパートナー」と捉えるお客様からの支持を拡げていきたいと考えます。私たち北陸スバルは、北に日本海、南に立山連峰や白山を望む風光明媚な北陸三県(富山、石川、福井)に新車12、中古車3、計15拠点を展開し、「雪道に強い」シンメトリカルAWDで、そして更に近年では「運転支援システム・アイサイト」など独創の技術で、地域のお客様に「安心と愉しさ」の価値を提案してきました。私たちが最もご提案したいことは、この「安心と愉しさ」を通じて実現される「クルマのある愉しい生活」です。SUBARUのクルマに乗ることで、北陸での生活に新しい発見がある。出かけることが愉しくなる。新しいことを始めたくなる。私たちは、お客様にそんな気持ちになってもらえるよう、「北陸スバルの安心と愉しさ」を熱いハートでお客様に提案し続けます。熱いハートと素敵な笑顔を持つあなたとの出会いを楽しみにしております。

先輩からのメッセージ

オンとオフを切り替えて人生を愉しもう

カーライフアドバイザー 秋本 光良 Akimoto Teruyoshi 2017年入社 法学部法律学科

私たちの仕事は地道な努力が結果に繋がり、お客様から直接『ありがとう』が届く仕事です。SUBARUのクルマとの出会いで人生がさらに充実した愉しいものになるよう、お客様のライフスタイルや興味にアプローチして販売、その後も安心してカーライフを送れるようしっかりサポートをお届けします。クルマという商品に『自分という価値』をプラスできれば、価格を超えた価値になる。それがお客様に認められるのはやはり嬉しいですね。仕事だけでなく当社は休みも充実させたい多趣味人間も多いので、しっかり休める空気がある。『オフを愉しみオンへの活力に』それができる当社の環境は社会人のライフスタイルとして『悪くないな』と感じています。オフを愉しむお金?それが努力の『結果』として付いてくるのが営業の醍醐味の一つでもありますね!

『好き』が自分の成長に

サービスメカニック 松田 元矢 Matsuda Motoya 2018年入社 自動車整備科

SUBARUのクルマは他とちょっと違うので触っていてやっぱり愉しいです。メカニックを目指す人は何かをいじったり、仕組みを覚えたりが好きな人が多いですよね。でも、愉しいだけじゃなく、日々進化するクルマに対応するためには常に『学ぶこと』も必要。そこで大事なのが向上心や好奇心です。単純な話、『好き』って思いがあればやはり覚えるのも早いし、時間内に正確な作業が出来たときは充実感がある。ゴールにたどり着く方法は1つではなく、創意工夫をすることでより良い結果に結びつきます。私も『お客様の安心・安全を預かるプロのメカニック』として常に進化し続けたいと思っています。