名古屋スバル自動車株式会社

募集中

会社概要

設立
1958年10月
資本金
1億円
従業員数
561名(男494名 女67名)<2018年9月現在>
売上高
361億3455万円(2018年3月期決算実績)
代表者
代表取締役社長 小笠原 巧
住所
〒462-0017 愛知県名古屋市北区落合町233
電話
052-901-8611
E-mail
jinzai@nagoya-subaru.co.jp
HP
http://www.nagoya-subaru.co.jp/

採用情報

初任給
四大卒:195,500円 短大・専門卒:182,000円(※2018年度4月実績)
※歩合給含まず
諸手当
セールスポイント報奨金、技能手当、時間外手当、通勤手当等
昇給・賞与
昇給:年1回(4月) 賞与:年2回(7月、12月)
勤務地
東三河を除く愛知県内(名古屋、尾張、知多、西三河地区)の各店舗
勤務時間
9:40~18:00 (ショールーム営業時間:10:00~18:00)
休日
2018年:年間休日107日  うち年間定休日107日
GW:10日、夏季連休:10日、年末年始:10日
毎週水曜日及び第一・第二・第三火曜日定休日、有給休暇・産前産後休暇・育児休業・介護休業・慶弔特別休暇
福利厚生
各種社会保険、会員ホテル利用、各種クラブ活動有、社員割引制度
教育・研修
新入社員研修、スバルアカデミー研修、損害保険研修、中古車査定研修などの各種研修
採用担当者
名古屋スバル 管理本部 総務部 人事課 今枝尚也・國田一瞳
試用期間
最長3ヶ月(待遇に差異なし)
過去3年間の新卒採用者数
(男女別)
2016年 ◇営業職(男7名)(女4名) ◇整備職(男10名)(女0名)
2017年 ◇営業職(男5名)(女4名) ◇整備職(男12名)(女0名)
2018年 ◇営業職(男8名)(女2名) ◇整備職(男10名)(女0名)
月平均所定外労働時間
(2017 年度実績)
29.5時間
その他(会社のPR等)
私たち名古屋スバルは、創立60年を迎えました。創業当時21名だった従業員も、今では約550名と大きく成長し、2016年8月には本社機能の拡大に伴い本社社屋をリニューアルいたしました。これも愛知県という日本有数の厳しいマーケットで半世紀以上に亘り支えてくれた多くのスバルファンの存在と多くの社員の熱い想いがあったからです。そのなかで当社は「人」を大切にすること、また「チームワーク」の重要さを学びました。社員ひとりひとりの力の集まりが会社の原動力です!同じ目標に向かうスバルチームの仲間と力を合わせ100周年を迎えられるよう名古屋スバルは走り続けます。

社長からのメッセージ

「人」を大切にする企業でありたい

代表取締役社長 小笠原 巧 Ogasawara Takumi

愛知県は、自動車産業に関わる方が多く、自動車に対し厳しい目をお持ちのお客様が多いことが特徴です。このようなマーケットの中で名古屋スバルは、水平対向エンジン、シンメトリカルAWD、アイサイトなど、スバル独自のメカニズムを軸とした他に類を見ない「個性あふれる商品」 だけでなく、「スバルらしい質の高いアフターサービス」を提供し、お客様にご満足いただけるよう取り組んでいます。それを実現するために重要なのは何より「人」であり、「人」を大切にする風通しの良い風土づくりを推進しています。我々とともに「名古屋スバルファン」 を一人でも多く増やすことに全力を傾けることができる仲間を我々は求めています。

先輩からのメッセージ

自分で決めた目標は必ず達成する!それがトップセールスのプライド

営業スタッフ 望月 春彦 Mochizuki Haruhiko 2004年入社 ゲームサイエンス学科 ネットワークエンジニアコース卒

私は学生時代からレガシィに乗っていましたし、元々メカが好きだったのでスバルに興味があり、ディーラーのなかで唯一名古屋スバルの入社試験を受けました。入社してすぐに開かれた親睦会で「全社で一番になる!」と宣言し、その日からひたすら一番になることを考えて仕事をしてきました。その甲斐あって、2010年に史上最短でスバル大賞を受賞することができました。自動車営業職はとても大変な仕事で高いモチベーションを保つことは容易ではありませんが、困難に立ち向かう意志の強い人にはオススメの仕事です!

現役メカニックが語る!スバルメカニックの魅力

メカニック 田邉 裕章 Tanabe Hiroaki 2009年入社 自動車整備科卒

愛知県は自動車産業が日本一盛んな地域です。自動車関連の仕事をされているお客様も多く、我々のような自動車ディーラーに求められる仕事のレベルも非常に高いことが特徴です。そんな環境の中で、私は「ニュルブルクリンク24時間レース」参戦メカニックを目標に自動車整備の仕事に本気で向き合ってきました。入社10年目にしてついに目標を達成し、あこがれのドイツ・ニュルブルクリンクで本当に素晴らしい時間を過ごすことができました。今後はこの経験を、皆様のような若いメカニックに伝承していくことが私の使命だと思っています。ぜひ一緒にスバルを盛り上げていきましょう!!