静岡スバル自動車株式会社

募集中

会社概要

設立
1959年3月24日
資本金
5,000万円
従業員数
293名(2018年4月現在)
売上高
182億円(2018年3月期実績)
代表者
代表取締役社長 石田 進一
住所
〒424-8503 静岡県静岡市清水区長崎南町5番1号
電話
054-345-2131
E-mail
miho-fujisawa@shizuoka-subaru.co.jp
HP
http://www.shizuoka-subaru.co.jp/

採用情報

初任給
営業職 : 200,000円(大卒)、185,000円(短大・専門卒) 
整備職 : 200,000円(大卒)、185,000円(短大・専門卒) 
事務職 : 200,000円(大卒)、177,000円(短大・専門卒)
諸手当
整備士手当(整備職)、家族手当 等
昇給・賞与
昇給:年1回(4月) 賞与:年2回(6月、12月)
勤務地
静岡県内の各店舗
勤務時間
9:30~18:00
休日
2018年:年間休日109日  うち年間定休日70日
GW:5日、夏季連休:8日、年末年始:6日
定休日:毎週月曜日、第2.第3火曜日
福利厚生
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、財形貯蓄制度、永年勤続、優良社員表彰制度、自家用車購入制度、借上社宅制度、イベントの日、確定拠出年金制度 他
教育・研修
新入社員研修、メーカー研修 他 スキルにあった研修を用意
採用担当者
管理部総務人事課 藤沢 美穂
試用期間
最長6ヶ月(待遇に差異なし)
過去3年間の新卒採用者数
(男女別)
2016年 ◇営業職(男5名)(女1名) ◇整備職(男5名)(女1名) ◇間接職 (女3名)
2017年 ◇営業職(男5名)(女2名) ◇整備職(男5名)(女0名) ◇間接職(女4名)
2018年 ◇営業職(男3名)(女5名) ◇整備職(男7名)(女1名) ◇間接職(女2名)
育児休業取得対象者数・取得者数(2017年度実績)
対象者3名 取得者3名

社長からのメッセージ

会社選びは”縁”

代表取締役社長 石田 進一 Ishida Shinichi

私は今、次の三つのことを念頭に仕事に取り組み、同時に社員の皆さんに発信し続けています。
「スバルを愛してくださるお客さまに感謝し、もっともっと大切にしよう」、「カーディーラーはサービス業」、そして「もっと成長しよう」の三つです。
お客さまがいるからこそこの会社が継続できている、そして私たちは仕事ができているんだという、より根源的なことを社員が深く考え始めてくれるようになりました。当たり前のことのようですが、その当たり前のことをついおろそかにして、数字をあげることを優先したり、自分たちの都合で考えてしまったりということが少なからずあったということを、私たちは反省しなければなりません。
二つ目として、私たちは単にクルマというモノを販売して対価をいただいているのではなく、カーライフのサポート役として、愉しさやお客さまの生活の質を高めてくれるパートナーをお届けするんだ、と考えるようにしています。また、修理においても、単に故障を直したり点検を行うのではなく、カーライフのアドバイスを含めて安全と安心をお届けしているんだ、ということを強く意識してメカニックは仕事に取り組んでいます。
そういった意味で、私たちの仕事は販売業というより「サービス業」だと考えるようになりました。
もう一つ、カーディーラーは『人がすべて』です。人が成長することで、極端に言えばそれだけですべての歯車がうまくかみ合っていく仕事です。少し前から、社員がビックリするほど教育の機会が増えました。中には社員の提案で始まった研修もあります。でも、教育機会が増えることよりも、社員が「もっと成長しよう」という気持ちになってくれることの方がずっと大事です。少しずつですが、社員が、他でもない自分自身のために変わろう、成長しようとしている手応えを感じ始めており、頼もしく思っています。
最後に、本文をお読みの皆さんは、人生の岐路に立って、あらためて自分を見つめ直しておられることと思います。会社選びは確かに大変ですが、私は半分“縁”だと思っています。乱暴な言い方になりますが、最後は自分の勘を信じてみてはどうでしょう。
良い会社にめぐり合えることをお祈りいたします。

先輩からのメッセージ

良いモノを売れる喜び、ライフスタイルにあわせた提案が使命。

営業スタッフ 武藤 史和 Muto Humikazu 2013年入社

入社3年目の時に、スバルセールスコンテストという接客・商談のコンテストに静岡スバルの代表として出場しました。中部ブロックエリア予選大会で優秀賞を獲得し、全国大会に出場することができました。大会本番まで、勉強会を重ねたことがよかったのだと思います。そこで学んだ「新車を販売することだけが仕事ではなく、自分自身の接客や商談のスキル向上も仕事だ」という考え方にすごくやりがいを感じました。その経験を、お客様との会話の中で生かすことが出来ていると思います。私の成長がお客様の満足に繋がっていると思うと、非常に大きなやりがいを感じることができます。

車が好き、スバルが好き。これ以上の志望動機なんてなかった。

テクニカルスタッフ 望月 聖也 Mochizuki Seiya 2014年入社 自動車システム工学科卒

好きなスバル車に毎日接しながら、お客様の車を整備、点検できている事にやりがいを感じます。また、お客様から整備、点検後に「調子が良くなった」「直った」と言われた時や、難しい整備を行い、上司に褒められたときに嬉しさを感じます。