千葉スバル自動車株式会社

募集中

会社概要

設立
1979年6月4日
資本金
1億円
従業員数
545名(2018年4月)
売上高
310億円(2017年度)
代表者
代表取締役社長 中村 亜人
住所
〒261-0002 千葉市美浜区新港176-2
電話
043-243-2292
E-mail
recruit@chiba-subaru.co.jp
HP
http://www.chibasubaru.com/

採用情報

初任給
【カーライフアドバイザー(営業職)】206,000円(四大卒の場合)
【メカニック(整備職)】175,300円(二年課程卒の場合)
(2018年度4月実績) ※歩合給含まず。
諸手当
(共通)家族手当、通勤手当、時間外手当  (営業職)車両販売員手当、車両借上げ手当  (整備職)技能手当
昇給・賞与
昇給:年1回(4月) 賞与:年2回(7月、12月)
勤務地
千葉県内の各店舗
勤務時間
9:30~18:10(休憩1時間20分)
休日
2018年:年間休日108日 うち年間定休日109日(店舗シフト5日含む+全社員大会)
GW:9日、夏季連休:9日、年末年始:8日(定休日2日含む)
毎週水曜日・毎月最終週を除く火曜日定休、有給休暇・特別休暇
福利厚生
社会保険、企業年金、退職金制度(DC確定拠出年金制度)、団体保険、財形貯蓄、社員割引購入制度、社員旅行、社内イベント(サマーフェスタ・クリスマスイベント等)、
クラブ活動(野球・サッカー・ゴルフ等全8クラブ有)、健保保養所
教育・研修
新入社員導入研修、フォロー研修、スバルアカデミー各種研修(職種・階層別)、DNA研修、スバル女子会
採用担当者
総務グループ人事教育課 高橋/鎗田
試用期間
最長3ヶ月(待遇に差異なし)
過去3年間の新卒採用者数
(男女別)
2018年 ◇営業職(男8名)(女4名) ◇整備職(男16名)(女0名)
2017年 ◇営業職(男8名)(女1名) ◇整備職(男19名)(女1名)
2016年 ◇営業職(男8名)(女0名) ◇整備職(男17名)(女0名)
育児休業取得対象者数・取得者数(2017年度実績)
育児休業取得対象者数1名/取得者1名(2017年度)
その他(会社のPR等)
『お客様を笑顔にする会社』を目指して、全社員一丸となって取り組んでおります。お客様のカーライフのサポートを通して、一緒に多くの笑顔に出会いませんか?お客様が笑顔になれば、私達も笑顔になり営業職の醍醐味を感じる事が出来ますよ!明るく、元気の良い方お待ちしています!!

社長からのメッセージ

多くの笑顔と出会うために行動する、それが私たちの使命です。

代表取締役社長 中村 亜人 Nakamura Tsuguto

世界には、私たちSUBARUが提供するクルマやサービスを熱烈に支持してくれる人たちがいます。彼らはクルマを心から愛し、走ることの本当の喜びを知っている人たち。そして時代や他に流されることなく、自分に素直に、自然体で自由に生きる彼らは、大切な人や仲間とともに大切な時間を分かち合い、充実した人生を過ごす人々。

私たちが向き合っているのは、そんな人たちのたったひとつしかない命と、たった一度きりの人生です。そのかけがえのない時間を、誰よりも愉しくしたい人がいます。
だから「たったひとつ」を守り、「たった一度」を彩るために、私たちに何が出来るかを一緒に考え抜き、それを実行しませんか。

そのクルマを見ただけで、キラキラした日常が思い描けるように。
大切なのは、どれだけ販売するか、何台サービスをこなすかより、どれだけの笑顔と出会えるか。SUBARUが、人の心の中で輝き続ける時、そこにはいつも笑顔があふれていて欲しい。

心からSUBARUにしてよかったと言って頂ける、「お客様の笑顔をつくる会社」を一緒に目指しませんか。
クルマと人の関係が、いつまでも幸せなものであるために。

先輩からのメッセージ

スバル車のたくさんの魅力を、多くのお客様に伝えていきたい!

営業スタッフ 河野 里絵 Kouno Rie 2011年入社 情報ビジネス学科卒

私は幼いころから、父の運転する車に乗るのが好きでした。本格的に興味を持つようになったのは高校時代からで、免許を取得してからは運転する楽しみを知りました。「スバルに就職したい!」と思ったのは、車メーカー各社の中でも、車に乗る愉しさを提供しているところに魅力を感じたからです。現在、他社ではほとんど作っていないマニュアル車を今でも製造・販売していることからも、操る愉しさへの熱い思いを感じますし、AWDを通じた走行性能と安全性能への強いこだわりが伝わってきました。カーライフアドバイザーとして、車が好きだという気持ちを大切にしながら、このわくわく感をお客様にも伝えていきたいですね。

モータースポーツへの参加は「走り」と「安全」を追求するSUBARUの姿勢が表れている

メカニック 嶋田 遼介 Shimada Ryosuke 2013年入社 モータースポーツ科卒

モータースポーツへの参加が示すように、SUBARUは常に最先端の技術を求めており、今ではアイサイトのようにデジタル的な要素も取り入れています。それはひとえに、「走る愉しさ」と「安全性」を追求するため。お客様の「愉しさ」と「安全」を守るためにも、メカニックとしての研鑽は欠かせません。在籍する素晴らしい先輩メカニック達のように私も技術やコミュニケーション能力を磨き、ゆくゆくはチーフメカニックとして店舗を代表するメカニックに成長していきたいですね。