交通安全

交通安全指導(宇都宮製作所)

宇都宮製作所では、交通事故防止活動の一環として、新入生入学の4月と夏季休暇明けの9月の通学時間帯に、製作所周辺の道路で従業員が交通安全指導活動を行っています。

交通安全指導

安全運転管理者協議会活動(宇都宮製作所)

宇都宮製作所では、栃木県安全運転管理者協議会の活動に取り組んでいます。宇都宮南地区における交通安全啓発活動の一環として、工場隣接地域の自治会や宇都宮南警察署と協力し、地域の交通安全活動に貢献しています。その永年にわたる宇都宮南地区安全運転管理者協議会会長としての活動に対して、宇都宮南警察署長より感謝状をいただきました。

宇都宮南警察署長よりいただいた感謝状
協議会の活動

陸上競技部 秋の交通安全運動一日警察署長

秋の交通安全運動の一環で、2019年9月にSUBARU陸上競技部の牧良輔選手が一日警察署長として交通事故ゼロに向けた安全運転の呼びかけを行いました。
街頭でドライバーの方々に交通安全の呼びかけを行うと共に、啓発チラシやお守りを配布しました。牧選手はランニング中に車と歩行者が事故を起こしそうな場面に遭遇したこともあり、「車と歩行者がお互い気遣いあうことで、一つでも多くの事故が無くなれば」と安全運転を呼びかけました。

安全運転の呼びかけ

ドライビングレッスンを開催

スローエイジングドライビングレッスン

高齢のお客様に一日でも長く運転を愉しみ豊かな人生を送っていただきたいとの思いから、レーシングドライバーの松田秀士様を講師に迎え、高齢のお客様とそのご家族を対象とした安全に運転を愉しむためのドライビングレッスンを実施し、37組が参加されました。松田様が身をもって体験し、実践してきたスローエイジング・メソッドを、参加者に座学と実技そして、楽しく体を動かしながら学んでいただきました。

※松田氏が考案した日々簡単にできる身体のケアとトレーニング方法。

スローエイジングドライビングレッスンでの指導

スバル研究実験センターでの実践的なレッスン

ドライバーに関する知識、意識、技術の向上により事故を減らすことを目的に株式会社スポーツドライビングジャパンと共催で、スバル研究実験センターにてドライビングレッスンを実施しました。元レーサーの太田哲也様による講義や、スバルドライビングアカデミーのメンバー協力のもと、危険回避、高速周回路体験など実践的なトレーニングを行いました。

※SUBARUはテストドライバーではなく車両開発を行うエンジニアが自ら車両を評価している。その車両評価もできるエンジニアを育成するアカデミー。

スバル研究実験センターでのドライビングレッスン