当社グループの2016年度の主な環境データを下記グラフに示します。
CO2排出量、廃棄物排出量、水資源使用量等は操業増等により、前年度に比べて増加しました。
各国内サイトでは、公害防止法令基準に20%上乗せした自主基準を設定・管理しています。測定結果は、すべて法令及び条例、公害防止協定に適合しました。

対象範囲:(株)SUBARU 本社、群馬製作所、東京事業所、埼玉製作所、宇都宮製作所
国内グループ会社:輸送機工業(株)、富士機械(株)、イチタン(株)、桐生工業(株)、(株)スバルロジスティクス
海外関連企業5社:SIA、SOA、SCI、SOMI、SRD

CO2排出量

SUBARU+国内グループ会社+海外グループ会社

エネルギー使用量

SUBARU+国内グループ会社+海外グループ会社

廃棄物排出量

SUBARU+国内グループ会社+海外グループ会社

※売却金属くずを含みます

水資源使用量

SUBARU+国内グループ会社+海外グループ会社

国内法PRTR対象物質取扱量、排出量

SUBARU+国内グループ会社

バーゼル条約付属文書Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅷに定められた有害廃棄物の取り扱いはありません。

NOx,SOx排出量

SUBARU+国内グループ会社+海外グループ会社