ワークライフバランスの推進(ワークライフバランスの考え方)

当社は「やる気に満ちた自立型人材」の集団を目指し、多様な従業員一人ひとりが個々の能力を存分に発揮できる環境整備が重要と考えています。
従業員の多様性を尊重し、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)を実現するため、働き方の多様化を進めるとともに、制度の拡充に取り組んでいきます。
国内・海外の関連会社では、それぞれの事業内容や地域性を踏まえたワークライフバランス支援の取り組みを進めています。

仕事と家庭の両立支援

くるみんマーク

当社は、従業員の子供が2歳の誕生日を迎えた最初の4月まで延長できる育児休業制度、小学校4年生就学の始期まで利用可能な短時間勤務制度、介護のための休業制度や短時間勤務制度など育児・介護と仕事の両立に向けて法定以上の制度を整え、従業員の仕事と家庭の両立を支援しています。これらの制度内容を階層別研修にて講義するほか、「産休・育児ハンドブック」をイントラネットに掲載するなどして各種制度の周知や利用促進を働きかけています。

また、次世代育成支援対策推進法(次世代法)に基づき、自主行動計画を策定、実践しています。
行動計画書において計画を達成した結果、三度の厚生労働大臣認定(くるみんマーク)を取得しました。今後、第五次行動計画(2017年4月~2019年3月)にて「プラチナくるみんマーク」の認定を目指して取り組みを進めます。

各行動計画の計画期間

第一次行動計画 2005年4月~2007年3月
第二次行動計画 2007年4月~2010年3月
第三次行動計画 2010年4月~2015年3月
第四次行動計画 2015年4月~2017年3月
第五次行動計画 2017年4月~2019年3月

現在は、育児と仕事を両立しながらキャリアアップを目指せる支援へと、ステップアップを図っています。

長時間労働削減に向けた取り組み

当社は、これまで設定していた定時間日(ノー残業デイ)に加え、2015年度から全事業所で、管理職を含めて全員が定時退社をする「ウルトラ定時間日」を新たに設定しました。従来に比べ、より効率的に業務計画を立て実行することが求められるようになりました。こうした取り組みの結果、定時間日の退社状況が改善するなど、従業員の労働時間に対する意識が向上しています。

また、2016年度からは、フレックスタイム勤務のコアタイムを4時間から2時間に短縮し、より業務の特性や繁閑に合わせた働き方ができるようにしました。社員ひとりひとりが業務時間をコントロールし、業務負荷が低い時期には早く帰れるなど、労働時間短縮やプライベートの充実にも寄与しています。

ワークライフバランス推進実績(SUBARU単独)

施策 概要 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
育児休業
(名)
子の育児のために取得できる
休暇制度
2 3 6 3 2 6 8
90 68 124 68 91 101 88
合計 92 71 130 71 93 107 96
育児休業復職率
(%)
100 100 100 100
98
復職1年後の在席率
(%)
98.5 100 100 87.5
98.9 95 100
介護休業
(名)
要介護状態にある家族の介護をするために取得できる休暇制度 5 6 3 5 5 9 4
有給休暇取得率
(%)
職場での月1回の取得促進 86.6% 88.2% 85.7% 86.9% 88.7% 84.2% 84.4%
ノー残業デイ 業務効率化・プライベート充実化のため
週2日設定
継続的に実施しています。