労働安全衛生の考え方

当社は企業理念に基づき安全衛生を重要な経営課題と位置づけ、「安全衛生はすべての業務に優先する」ことを安全衛生基本理念としています。すべての管理者と従業員はこの安全衛生基本理念のもと、職場の安全と衛生を確保するとともに、より快適に働くことのできる職場環境の改善に努めています。
国内・海外の関連会社ではそれぞれの事業内容や地域性、各地の法令などを踏まえた労働安全衛生の方針を定め、それに基づいた取り組みを推進しています。

群馬製作所 矢島工場

安全衛生基本理念

「安全衛生はすべての業務に優先する」

安全衛生基本方針

労働災害、交通事故、疾病、火災等災害のゼロをめざし、全員が安全衛生の重要性を認識し合い、設備・環境・作業方法の改善と管理・意識の向上を図り、安全快適な職場作りを進める

安全衛生管理体制

従業員の災害防止、疾病予防、労働環境向上を目的に、会社と労働組合がそれぞれ選任した同数(各8名)の委員で構成される株式会社SUBARU中央安全衛生委員会を設置しています。なお、委員長1名は会社から、副委員長1名は労働組合から選任しています。

中央安全衛生委員会では、労働安全衛生に関する基本方針をはじめ、労働災害や職業性疾病発生原因の調査並びにその対策、労働環境の向上、安全衛生教育、交通安全、防火などをテーマとして、協議を重ねています。

さらに、各事業所には事業所安全衛生委員会を置き、中央安全衛生委員会で出された方針および基本的な事項を審議しています。また、下部組織として、必要に応じて工場安全衛生委員会、部安全衛生委員会、課安全衛生委員会を設置しています。

安全衛生組織図

災害・事故ゼロに向けて

当社は毎年の年度初めに、各事業所で一斉に「安全衛生キックオフ大会」を行っています。これは「労働災害防止、交通安全」と「健康管理」に対する意識向上を図るため、事業所トップから年度方針や安全衛生活動に取り組むポイントなどを各職場の管理監督者に通達し、年間の災害・事故ゼロに向けて、気持ちを1つにして活動に取り組んでもらうことを目的に行っています。

2017年度の安全衛生キックオフ大会では、従業員が災害・事故防止への意識を常に維持しながら日々の作業にあたれるよう、各事業所で活動目標・計画を定め、その達成に向けた取り組みを進めています。

2016年度労働災害発生件数は22件であり、そのうち休業災害は4件、死亡災害は0件でした。また当社の災害全度数率は、0.58、災害の程度を表す休業度数率は0.10でした。

宇都宮製作所で行われた2017年度安全衛生キックオフ大会の様子

2017年度からは2013年から全従業員が着用している安全宣言バッジのフレーズと形状をリニューアルしました。フレーズについては「私は行動を起こす前に必ず安全を確認します」とし、自身が行動を起こす前に一呼吸置くことを意識しました。
「安心と愉しさ」を提供するSUBARUの社員として、自ら安全に働け、恥ずかしくない行動を目指します。

労働災害発生状況と災害度数率

※件数は年度で、度数は暦年で算出しています。

リスクアセスメント活動

各事業所では、より安全な職場環境づくりに向けて、職場内の潜在的なリスクを洗い出し、その未然防止を図るリスクアセスメント活動を実施しています。アセスメントの結果は年間の安全衛生活動に反映され、計画的なリスク低減を図っています。

交通安全支援活動

当社は、従業員の業務・通勤・私用すべての交通事故を防止するため、自動車通勤が多い自動車部門、航空宇宙カンパニー、産業機器本部の全従業員を対象に、心理学を応用した検査用紙を用いた「運転適性検査」と一部の事業所では、「ドライブレコーダー」を用いて自身の運転のクセなどを把握する取り組みを継続して行うことで安全運転の啓発に努めます。