健康づくりの考え方

当社は従業員の健康管理を積極的に推進しています。単に健康障害を防止するという観点のみならず、継続的かつ、計画的に心身両面にわたる健康の保持・増進に取り組んでいます。

具体的には、健康診断とその結果に基づく特定保健指導(メタボリックシンドローム対策、運動指導、メンタルヘルスケア、栄養指導など)や健康診断でC判定となった従業員に対する個別健康相談の実施、メンタルヘルス不調の予防に向けたカウンセリングなど、各事業所にスタッフを配置し、日々、疾病予防、健康管理に努めています。

保健師の声
従業員の身近な存在として健康づくりを支援

「従業員が心身ともに健康で働ける」、これは企業の活力でもあり財産でもあります。
従業員が健康に過ごせるための支援として、まずメンタルヘルス対策が挙げられます。研修会などを通してセルフケアだけではなく、従業員同士がお互いを気遣える職場づくりを進めています。

保健指導では、生活習慣病の未然防止や治療をしている方でも元気に過ごせるように支援・体制づくりはもちろんのこと、時には社員食堂や、独身寮の食堂の献立を調整したり、従業員のご家族の方に生活改善のお手紙を送ったりもしています。

健康は自分自身で管理するものですが、ご家族の支援や環境も大切です。従業員の方の背景も含め、一人ひとりに寄り沿った支援ができるよう心掛け、常に従業員の身近な存在でありたいと考えています。

これからも従業員が健康に働け、定年後も元気で過ごせるような支援を行っていきます。

群馬製作所 保健師
鈴木 美智子

メンタルヘルスへの取り組み

当社は、産業医、臨床心理士、健康支援室に所属する安全衛生スタッフ(保健師、看護師)が連携しながらメンタルヘルス対策を行っています。事業所ごとに「一般従業員向け」および「管理者向け」メンタルヘルス講習会などを実施しており、2012年度には社内用の「管理監督者向けメンタルヘルス対応マニュアル」を、2013年度からは休職者のスムーズな職場復帰を目的とした「復職プログラム制度(試し出勤、慣らし勤務)」を導入するなど、従業員が安心して働ける職場環境づくりに取り組んでいます。

また、2016年度に実施した「ストレスチェック」の結果を元に、今後の職場改善活動にも力を入れていきます。