※ 以下のページは2016年8月発行のCSRレポートを掲載しているため、旧社名(富士重工業)のままとしています

乗り物文化の発展・交通安全の普及

交通安全運動

交通安全指導(宇都宮製作所)

従業員の交通マナー向上活動の一環として、通勤時間帯に製作所周辺の道路で交通安全指導を実施しました。製作所周辺は通学路が多いため、新入生が通い始める4月と、夏休み明けで緊張が緩む9月の2回実施しました。

二輪車安全運転教室(東京事業所)

2015年も、三鷹警察署ご協力のもと、二輪車安全運転教室を開催しました。社外からの参加も含め40人の受講者は白バイ隊員や指導員の指導を受け、運転技術の向上に熱心に取り組みました。

交通安全への取り組み(埼玉製作所)

「輸送機器メーカーとしての責任を強く認識して世の中の交通事故削減のために努力し、交通違反と交通事故(加害)のゼロ化に努める」という考え方のもと、従業員への交通安全意識の高揚に取り組み、交通事故抑止に努めています。
また地域においては、産機カンパニーで取り組んでいる交通安全活動の発表なども行っています。これらの活動などが認められ、2014年1月には埼玉県安全運転管理者協会から表彰されました。
さらに2015年度からは、「産機タウンウオッチャー」として、交通事故の未然防止、安全運転意識の啓発、地域における安全・安心を築くため北本工場、桶川工場に接した公道の交差点などの危険箇所にて、毎月2回、交通安全啓発活動および挨拶運動を実施しています。

モノづくり・人づくり

群馬県からくり工夫展

「第8回群馬県からくり工夫展」が群馬県庁で開催されました。産業機器カンパニーで制作された「からくり改善装置」を展示、実演し、子供から大人まで多くのお客様に楽しんでいただきました。

地域学習 地域町探検に協力

群馬製作所近隣の太田市韮川西小学校3年生児童12名の地域学習に協力しました。プレス工場を見学し、プレス機を間近に生産工程を見学、工場のすごさを体感していただきました。

まちの先生見本市

おおたまちの先生見本市実行推進協議会主催の「第6回まちの先生見本市」が藪塚本町小学校で開催されました。当社ブースではスバルマークを形取ったプレートを紙やすりでバリ取りを行いながら仕上げ作業を体感していただきました。会場は子どもたちの熱気で溢れ、子どものみならず、保護者の方も作業に熱中していました。

地域貢献

イベント開催・参加

おおた芝桜まつり(スバル地域交流会)

太田市主催おおた芝桜まつりにスバル地域交流会がPR活動を行いました。くじ引きやビンゴなど、家族で楽しめるイベントや車両の展示を行い、集まったお金は社会福祉協議会を通して、市内の福祉施設へ寄付しました。

太田市スポレク祭(スバル地域交流会)

地域交流会による子供向けゲーム、車両の展示などのテント活動を実施。スバルマラソンへも協賛しました。

スバル感謝祭(群馬製作所)

群馬製作所矢島工場内にて「2015スバル感謝祭」が開催されました。社員のご家族、地域の皆様、関係会社など約28,000人の方にご来場いただきました。各職場模擬店、工場見学やアイサイト体験など各種イベントを実施しました。

ふれあい祭り(宇都宮製作所)

宇都宮地区では、2015年10月に南工場を開放して「ふれあい祭り」を開催。約4,000人に参加いただき、地域住民の皆様との交流を深めることができました。この中で、宇都宮製作所のCSR・環境活動をPRするとともに、とちぎ環境みどり推進機構のご協力のもと、ブルーベリーの苗木を配付し、緑の和を広げる活動を推進しました。
また、2013年からは、半田地区でも「半田ふれあい祭り」を実施しています。半田工場で製造しているボーイング777、787の中央翼におけるモノづくりを通して、航空宇宙カンパニーを理解していただくことを目的に実施しています。従業員ご家族、半田行政各機関・近隣法人、近隣住民の方々など約1,800人が参加しました。

納涼盆踊り大会(宇都宮製作所)

納涼盆踊り大会が、地域自治会・婦人会・子供会、協力企業の皆様など約1,500人の参加を得て、盛大に行われました。盆踊りは、1984年から実施し今年で29回目を迎え、地域貢献の大きな行事となっています。

事業所納涼祭(東京事業所)

隣接する国際基督教大学サンバサークルによるパレードを皮切りに、恒例の大抽選会やお子様へのプレゼントなどお楽しみ企画を実施し、お子様連れのお客様に好評を得るなど、今年も大勢の地域の皆様と交流を図ることができました。

工場見学会

スバル地域交流会主催工場見学会(スバル地域交流会)

スバルビジターセンターにおいて、地域の皆様を対象に「交通安全講話と工場見学会」を開催しました。215名の方が出席され、太田警察署による交通安全講話の後、矢島工場およびビジターセンターを案内しました。

子どもたちと地域をつなぐ工場見学会(埼玉製作所)

この活動は、北本市長および教育委員会から「北本市内の小学3年生は、埼玉製作所を題材に人々の仕事と私たちのくらしについて授業を行っているので、それに添った工場見学会などをできないか」という相談を受けて2014年度からスタートしたものです。2015年度は、市内4校274名の生徒を受け入れました。 事前に教科書でエンジンができるまでの工程を学んでいる生徒たちからは、多くの質問が寄せられ、実際に作業してみたいなどの声を聞くことができました。

地域清掃活動

スバル地域交流会主催による「第21回 金山清掃ボランティア活動」を開催。初夏を思わせる暑さの中、金山親水公園周辺の草刈り、周辺清掃を太田市ならびに市内中学生ボランティアの皆様、スバル地域交流会会員のご協力により実施しました。当日は約850名の方々に参加いただきました。

献血活動

毎年2回、春と秋に埼玉製作所内で献血を実施し、北本市が推進している献血事業に協力しています。2013年7月には、日本赤十字社から「活動継続15年以上の企業」に選ばれ、北本市では唯一、「銀色有功章」の表彰を受けました。今後も社会に貢献できるよう努めていきます。

テロ・災害対策

三鷹警察署主催「三鷹パートナーシップ研修会」を東京事業所内で開催しました。当社と三鷹警察署との連携を強化し、テロや自然災害に対する意識向上を図りテロ対策や災害対策を推進することが目的です。社外も含め65名が参加し、危機意識を共有することができました。

スポンサー・協賛活動

第13回スバル旗争奪群馬県学童軟式野球大会(群馬製作所)

群馬県下の各地域の少年野球チームが参加しスバル旗争奪・群馬県学童少年野球大会を開催しました。子どもたちの熱い戦いが繰り広げられ、会場は大いに盛り上がりました。

ザスパクサツ群馬オールスバルスペシャルマッチ(群馬製作所)

「富士重工業(株)群馬製作所 PRESENTS 群馬県オールスバルスペシャルマッチ」と題して、サッカーJ2ザスパクサツ群馬開幕戦に協賛、来場者全員に青の特製コラボTシャツが配られました。当日は天候にも恵まれ、会場の正田醤油スタジアムは青一色に埋め尽くされました。

JAPAN CUPサイクルロードレース(宇都宮製作所)

宇都宮市が主催するアジア最高峰の自転車レース「JAPAN CUP」に、冠スポンサーとして1990年より継続して協賛しています。2日間の大会で約12万5千人の観客が県内外から集まるイベントで、チームサポートカーとしてレガシィ他を提供しています。

環境維持活動支援

緑の募金

11月、栃木県と愛知県の緑化推進委員会に、宇都宮製作所内で働く全員で集めた募金を寄付しました(募金累計:561万円)。2000年に始まったこの活動は16年目を迎え、2007年度には農林庁長官賞、2011年度には2回目の緑化推進委員会理事長賞を受賞しました。

スポーツ活動

都市対抗野球大会

2015年7月に「第86回都市対抗野球大会」が開催され、開会式では野球教室など長年の地域貢献活動が評価され「みんなの元気総務大臣賞」を受賞しました。
1回戦、日本通運との試合は12,500人の大応援団が声援を送るなか、6対4で見事勝利。続く2回戦、大阪ガスとの試合は0対2で惜敗しました。

ニューイヤー駅伝

2016年元日、ニューイヤー駅伝が開催されました。群馬県を舞台に全国37チームが熱戦を繰り広げ当社陸上競技部は総合25位でゴールしました。当日は、沿道に集まった多くの方々がスバルの手旗を振り、温かい声援をいただきました。