生物多様性への考え方

SUBARUグループの事業活動は、自然の恵みの源である生物多様性に影響を及ぼす可能性があります。また地球規模で生物多様性が急速に失われていることから、SUBARUはその保全が重要であることを認識し、あらゆる事業活動において自然との共生を目指し、生物多様性を含む地球規模の環境課題に取り組むことを、SUBARU環境方針に明文化しています。
推進にあたっては、「生物多様性民間参画ガイドライン」や「経団連生物多様性宣言行動指針とその手引き」などの外部イニシアチブを参考としながら、「生物多様性民間参画パートナーシップ」への参画を通じて、積極的な生物多様性保全に取り組んでいます。

生物多様性ガイドラインの制定

SUBARUでは、2014年度より全事業所を横断するワーキンググループを発足し、事業活動と生物多様性の関係性の把握および潜在リスクの洗い出しを行い、優先して取り組む課題を特定のうえ、ロードマップを策定し、グループ全体で着実に対応・推進してきました。

これらの活動を踏まえ、SUBARUは生物多様性に配慮した事業活動を継続していくため、生物多様性保全の基盤となる「SUBARU生物多様性ガイドライン」を2019年4月に制定しました。ガイドラインの制定にあたっては、生物多様性に関する国際的な動向を考慮しつつ、CSR重点6領域やSUBARU環境方針と整合性を取り、また実効性および継続性を担保できるものとしています。

SUBARU生物多様性ガイドライン

私たちの社会は、さまざまな自然の恵みの源である「生物多様性」に支えられています。
その一方で「生物多様性」は地球規模で急速に失われています。
私たちは、事業活動を通じて生物多様性保全に取り組み、「大地と空と自然」が広がる地球の環境保護に貢献し、自然との共生を目指します。


  1. 事業活動が生物多様性に与える影響を把握し、その影響を低減しさらに回復につながる取り組みを進めます。
  2. 生物多様性に関する意識向上に努めます。
  3. 生物多様性に関する社会の国際的な取り決めを尊重します。
  4. さまざまなステークホルダーと連携し、生物多様性保全に取り組みます。
  5. 生物多様性に関する取り組みを積極的に開示します。

2019年4月制定

国内における取り組み

「SUBARUの森」活動

SUBARUは、様々な企業活動のうち、「SUBARU環境方針」の「自然との共生」を具体化した、生物多様性の保全に直結する活動「SUBARUの森」活動を2017年度から取り組んでいます。

北海道「SUBARUの森 美深」

スバル研究実験センター美深試験場敷地内に所有している115ヘクタールの森林において、植林・間伐・自然保護などの整備・保全活動を2017年6月から着手し、美深町など地域社会と連動した森林整備・保全活動を目指しています。

スバル研究実験センター美深試験場と周辺の森林

美深町開拓120年記念事業の植樹祭への協賛
2018年9月に美深町開拓120年記念事業の植樹祭が開催され、SUBARUからは協賛企業として9人が参加しました。開会式では美深町長が「植えた木の10年後、20年後の成長を見てほしい。」と挨拶され、健全で豊かな森林を次世代に継承するという願いを込め、全員で0.7haの土地に1,600本の美深町の気候に適したトドマツを植樹しました。土が硬いため掘り起し作業に苦戦しつつ、汗をかきながら互いに協力し合い一本一本丁寧に植えました。植樹したトドマツは50年後に伐採の時期を迎えます。

約280人が植樹祭に参加

松山湿原の環境保全活動への寄付
2019年2月に、美深町、北海道上川総合振興局およびSUBARUの三者は、「『美深町内の森林環境保全』に関する連携協定」に調印しました。これを受けて、SUBARUは「企業版ふるさと納税」の制度を活用して、北海道が実施する「おいでよ!天空の園・松山湿原の森プロジェクト」を通じて、同湿原の木道整備事業や生物多様性に資するガイドツアーの実施などに、2019年度から2021年度の3年間で300万円の寄付を行います。

※美深町内に所在する日本最北の高層湿原(標高797m)。シダ植物やコケ植物など約200種の特徴ある植物が生息していることから、環境省が「日本の重要湿地500」の一つに選定。

松山湿原の眺望

群馬県立森林公園「SUBARUふれあいの森 赤城」

2018年4月、SUBARUは自動車生産工場がある群馬県の県立森林公園のネーミングライツ(命名権)を取得しました。2023年までの5年間を「SUBARUふれあいの森 赤城」と称し、県有林の保全整備支援を行います。2018年度は敷地内の看板の整備と森林整備における間伐作業の支援をしました。

敷地内の看板を整備

栃木県宇都宮市森林公園「SUBARUの森 宇都宮」

SUBARUは、航空宇宙カンパニーがある栃木県宇都宮市の森林公園内にある市有林の一部を「SUBARUの森 宇都宮」と称し、今後宇都宮市と連携し森林の保全整備活動を支援していきます。2018年度は、敷地内の案内板の整備と森林整備における間伐作業の支援をしました。


関連情報

社会貢献「SUBARUの森」活動

敷地内の案内板を整備

希少種の保全活動

埼玉県北本市の東光寺には大正11年に国の天然記念物に指定された、日本五大桜の一つに数えられる推定樹齢800年の石戸蒲ザクラがあります。北本市にある埼玉物流センターでは、2003年3月に北本市より譲り受けた後継樹を敷地内で大切に育てています。

毎年春に可憐な花を咲かせる石戸蒲ザクラ

生物多様性に配慮した緑地への取り組み

東京事業所では、北側と東側の敷地の境界部分を、生物多様性簡易評価ツール「いきものプラス®」を活用し、武蔵野周辺に自生するムラサキシキブやシラカシなど、生物多様性に配慮した植栽を行いました。この取り組みを通じ、武蔵野の自然豊かな景観づくりにつなげています。

※「いきものプラス®」:大手建設会社8社により共同開発した生物多様性簡易評価ツール。

武蔵野周辺の自然豊かな生物多様性に配慮した緑地

生物多様性への配慮に貢献する花の苗配布

群馬製作所では、スバル地域交流会の活動の一環として、生物多様性に貢献する取り組みを推進しています。

「花配布活動」
スバル地域交流会の会員企業を対象として、購入を希望する企業に年に3回配布しています。2015年9月より生物多様性に貢献する花の苗に変更し、各社にて生物多様性への配慮に貢献する緑化を推進しています。

SUBARU地域交流会

「小学校花壇コンクール」
太田市、大泉町の小学校を対象として、花壇コンクールを実施しています。花壇づくり用に、2015年9月より生物多様性に貢献する品種の花の苗を小学校へ無償配布しています。

2018年度は14校366人が参加しました。花壇づくりを通じて花を育てる楽しみや新しい発見など心豊かな体験に役立てていただきたいと考えています。

生物多様性に貢献する花の苗で花壇づくり

海外における取り組み

中国における森林保護活動「31の森 星の旅」

Subaru of China Ltd.(SOC)は、2012年末に、国家林業局の中国野生動物保護協会と共同で「スバル森林生態保護プロジェクト」を設立しました。
2013年より中国野生動物保護協会と共同で、中国の31省の自然保護区に31カ所の「SUBARU生態保護森林」を設置しました。2018年までに、6年連続で植林活動や希少動物の保護活動などを行う「31の森 星の旅」イベントを開催、車両や物資の提供も定期的に行ってきました。その結果、計30万人余りの参加をいただくと共に、全国60以上の自然保護区を巡り、総走行距離は6万キロを超えました。現在では、「31の森 星の旅」イベントは、中国で広く認知されています。

中国では、2014年に政府の主導のもと「森林中国公益プラットフォーム」(森林中国)が設立され、国家レベルで自然環境保護と森林生態保護を推進してきました。SOCは、2015年に森林中国とパートナーシップを結び、彼らの生態環境保護活動に協力してきました。その活動が評価され、国連から森林中国と共に「公益感謝状」を授与され、国際的な評価を得ています。SOCは2018年8月に、林業局野生動物保護協会より推薦を受け、自生したトキワマンサクを保護している江西省の景徳鎮を、森林中国組織委員会メンバーなど約50人と訪問しました。トキワマンサクは過去の伐採によりその多くが失われており、今回の訪問では、トキワマンサクの保護活動や生態系について学びました。

今後も、SOCは地域の自然環境と調和した活動を行い、生物多様性保全の取り組みを進めていきます。

SOC 「31座森林星之旅 第六季」

トキワマンサクを保護している景徳鎮を訪問

Subaru of Indiana Automotive, Inc.(SIA)事業活動と自然との共生を目指して

Subaru of Indiana Automotive, Inc.(SIA)では、工場敷地内の遊水地や周辺緑地を、地域の野生生物が生息しやすいよう整備し、生態系の保護に取り組んだ結果、野生動物が生息するエリアとして2003年にNational Wildlife Foundation(NWF)から認定を受けました。これは米国内の自動車工場としては初めての認定となります。
野生のカナダ雁や鷺、ハクトウワシが、工場北側にあるテストコースの周回路内側に設置した水場を、餌場や休息地として利用しており、またレクリエーションセンター裏手の緑地には野生のシカが多く生息するなど、豊かな自然に囲まれた工場を現在も維持しています。

豊かな自然に囲まれたSIA