安全衛生の考え方

SUBARUは安全衛生を重要な経営課題と位置づけ「安全衛生はすべての業務に優先する」ことを安全衛生基本理念としています。

群馬製作所 矢島工場

2002年4月発行 中央安全衛生委員会

安全衛生 基本方針

労働災害、交通事故、疾病、火災等災害のゼロをめざし、全員が安全衛生の重要性を認識し合い、設備・環境・作業方法の改善と管理・意識の向上を図り、安全快適な職場作りを進める。


2002年4月制定 中央安全衛生委員会

国内・海外の関係会社では、それぞれの事業内容や地域性、各地の法令などを踏まえた安全衛生方針を定め、それに基づいた取り組みを推進しています。

労働安全衛生管理体制

従業員の労働災害防止、疾病予防、労働環境向上を目的に、会社と労働組合がそれぞれ選任した同数(各8人)の委員で構成されるSUBARU中央安全衛生委員会を設置しています。なお、委員長1人はSUBARUから、副委員長1人は労働組合から選任しています。

中央安全衛生委員会では、労働安全衛生に関する基本方針をはじめ、労働災害が発生する可能性のある危険性の特定・排除、リスクの評価・最小化、事故の調査や職業性疾病発生原因の調査ならびにその対策、労働環境の向上、安全衛生教育、交通安全、防火などをテーマとして、協議を重ねています。

さらに、各事業所には事業所安全衛生委員会を置き、中央安全衛生委員会で出された方針に基づき、各事業所の安全衛生の具体的取り組みについて議論しています。また、下部組織として、必要に応じて工場に安全衛生委員会、部安全衛生委員会、課安全衛生委員会を設置しています。

安全衛生体制図

安全衛生活動

SUBARUは、年度初めに各事業所で「安全衛生キックオフ大会」を開催し、事業所トップから管理監督者に安全衛生年度方針を通達し、「労働災害防止」「交通安全」と「健康管理」に対する意識向上を図っています。全従業員で活動目標と取り組み計画を確認し合い、気持ちを一つにして、災害・事故ゼロに向けた活動に取り組んでいます。

群馬製作所で行われた2019年度安全衛生キックオフ大会の様子

労働災害防止活動

1. 安全宣言バッジの着用

SUBARUの全従業員は安全意識を高めるため、「私は、行動を起こす前に必ず安全を確認します」と明記された「安全宣言バッジ」を着用しています。

2. 指差し呼称の推進活動

各事業所では、ミスやヒューマンエラーを防止するために、構内の横断歩道をはじめとした指差し呼称の実践を徹底しています。全従業員が指で左右、前方を指して確認することで、安全行動への意識レベルと安全確認の精度向上を目指しています。

3. 交通安全活動

SUBARUは、従業員の業務・通勤・プライベートすべての交通事故を防止するため、自動車通勤が多い自動車部門、航空宇宙カンパニーの全従業員を対象に、長期連休前の啓発活動(過去事例の展開・交通安全DVD視聴など)や全社安全衛生キックオフ式では、所轄警察署長による「運転マナー向上」を目的とした講演を行ったり、新入社員を対象に教習機関を利用した体感教育も実施しています。
また、心理学を応用した「運転適性検査」と、「ドライブレコーダー」を用いて自身の運転のクセなどを把握する取り組みを継続して行っています。

4. 健康づくりの取り組み

SUBARUでは、従業員の心身の健康が会社の基盤であり、安全で快適な職場づくりに不可欠であると考え、従業員の健康増進を図っています。
具体的な活動としては、定期健康診断での疾病の早期発見・治療に加え、生活習慣改善の取り組み、禁煙の日を設ける、食堂で野菜がたくさん摂れる栄養バランスの良いメニューの提供や、食習慣の改善を図るセミナーを開催するなど、予防的取り組みも実施しています。
2018年度から活動している「健康増進分科会」では、保健師・看護師が中心となり、従業員の健康保持増進を目的とし、生活改善プログラムの実施や喫煙対策などを行っています。
また、メンタルヘルスへの取り組みとして、事業所ごとに「一般従業員向け」および「管理者向け」メンタルヘルス講習会、「管理監督者向けメンタルヘルス対応マニュアル」の発行、さらに休職者のスムーズな職場復帰を目的とした「復職プログラム制度(試し出勤、慣らし勤務)」を導入するなど、従業員が安心して働ける職場環境づくりに取り組んでいます。
2016年度から実施している「ストレスチェック」では、個人への結果報告と共に、職場に集団分析結果をフィードバックし、リスクの高い職場には保健師が職場と意見交換する職場改善活動を始めました。また、高ストレス者には産業医による個別面談を実施し、早期に心のケアができるよう取り組んでいます。

労働災害について

2018年度労働災害発生件数は25件(内、休業災害2件)という状況でした。また、災害頻度を表すSUBARUの災害全度数率は、0.65でした。


労働災害発生状況と災害度数率(SUBARU単独)

従業員意識調査の実施

SUBARUでは、従業員がやりがいを感じながら活き活きと働ける職場環境づくりを目指し、「従業員意識調査」を実施しています。分析結果については、従業員がより安心して、モチベーション高く仕事へ取り組める仕組みづくりへ活用しています。2018年度に実施した調査結果では、全体の62%が「SUBARUの従業員であることに誇りを感じている」と回答しています。

安心、安全に働ける職場づくりを目指します。

従業員は最も大切な経営資源であり、競争力のある企業をつくる活力の源泉です。その前提は、従業員が安心、安全に働き、そして、何より健康であることです。
私は、中央安全衛生委員会の事務局として、各事業所の安全担当者、産業医、保健師、看護師と常に連携を取りながら、日々各事業所の実情に即した安全衛生活動を提案、実践し、従業員が「行ってきます!」と元気に会社に向かい、「ただいま!」と元気に帰宅できるよう、常に安心、安全に働ける職場づくりを目指します。

人事部 安全企画担当
中央安全衛生委員会事務局
日野 貴透