SUBARUグループについて メニュー

事業紹介

一人でも多くのお客さまの生活や人生を
より豊かに満たしていくこと。
その想いを、すべての製品づくりに
込めています。

当社は2017年4月より富士重工業株式会社から「株式会社SUBARU」に社名を変更し、SUBARUブランドを磨く取り組みをさらに加速させ、自動車と航空宇宙事業における、魅力あるグローバルブランドとして成長させていきます。

自動車部門

自動車部門

独創的な技術を生かし、「安心と愉しさ」を実現するクルマを提供します。

当社は、1958年に「スバル360」を発売して以来、1966年には「スバル1000」において水平対向エンジンを採用、1972年の世界初の乗用四輪駆動車の発売では、水平対向エンジンを核とした左右対称のパワートレーン「シンメトリカル AWD」システムを確立するなど、独創的な技術を搭載した個性的なクルマを創り出し、日本の自動車産業の発展に寄与してきました。また、「運転支援システムEyeSight」や、新世代のトランスミッション、「リニアトロニック」、次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」など、「安心と愉しさ」を追求した新しいチャレンジを続けています。

ブランドステートメント スバルは ”Confidence in Motion” を通じてスバルならではの「クルマのある自由で愉しい生活」を提案し、自分らしい豊かな人生を求める、より多くのお客様の期待に応えるために、自らを革新し続けていきます。
所在地
群馬製作所(群馬県太田市、邑楽郡大泉町)、東京事業所(東京都三鷹市)
スバル研究実験センター(栃木県佐野市、北海道中川郡美深町)

航空宇宙カンパニー

伝統と革新の技術を活かし、多種多様な航空機の開発・生産を担っています。

当社の前身である「中島飛行機」の技術とスピリットを受け継ぎ、現在は主翼などの複合材を含む航空機構造体の開発技術、無人機分野でのIT技術、飛行制御技術を融合した高度システムインテグレーション技術などさまざまなカテゴリーでナンバーワン技術を確立しています。ヘリコプターや固定翼機、無人機の開発・生産を行うほか、大型旅客機の開発・生産にも参画。これまで培ってきた独創的な技術のもと、世界的に存在感のある航空機メーカーへの発展を目指し、常に新たな分野に積極的に挑戦しています。

航空宇宙カンパニー
所在地
宇都宮製作所(栃木県宇都宮市)、半田工場・半田西工場(愛知県半田市)

産業機器本部

2016年11月公表の通り、当社事業の中核である自動車事業のさらなる競争力の強化に向けて、経営資源をより有効に活用するために、産業機器事業を終了することを決定しました。そのため、2017年9月をもちまして、汎用エンジン・発電機等の生産・販売を終了しました。

産業機器本部では、建設機械や産業機械、農業機械に搭載する汎用エンジンをはじめ、スノーモービルやオフロードカー等向けの高性能車載用エンジン、発電機、ポンプ等の完成商品を生産・販売していました。黄色いカラーの『ロビン』ブランドで知られる汎用エンジンは1951年に旧大宮製作所(当時大宮富士工業株式会社)にて540ccの「M6型」エンジンの生産を開始してから60年以上にわたり事業を継続し、世界各国で生活基盤を支える動力源として高い信頼を得てきました。『SUBARU汎用エンジン』は、2000種以上のラインアップを用意し、輸出先は90カ国を超え、世界中で信頼できるブランドとしてご愛用いただきました。

なお、一部の車載用エンジン等については、お客さまとの供給契約の期間満了をもって生産・販売終了となります。
また、アフターサービスについては、当社関連会社である産業機器株式会社に業務を委託し継続します。

産業機器本部
所在地
埼玉製作所(埼玉県北本市)

会社概要(2017年3月31日現在)

社名
株式会社SUBARU
(英訳名:SUBARU CORPORATION)

旧会社名 富士重工業株式会社
(旧英訳名:Fuji Heavy Industries Ltd.)

(注)2016年6月28日開催の第85期定時株主総会の決議により、2017年4月1日から会社名を上記のとおり変更いたしました。

創立
1953年7月15日
資本金
1,538億円
従業員数
  • 32,599名(連結)
  • 14,708名(単体)
本社
東京都渋谷区恵比寿1-20-8 エビススバルビル
代表電話番号 03-6447-8000
売上高
  • 33,260億円(連結)
  • 20,593億円(単体)
営業利益
  • 4,108億円(連結)
  • 2,575億円(単体)
経常利益
  • 3,943億円(連結)
  • 2,617億円(単体)
当期純利益
  • 2,824億円(連結)
  • 2,083億円(単体)

※売上高~当期純利益の数値は2016年度の実績です。

2016年度売上部門比率

2016年度売上部門比率

売上高推移

売上高推移

販売台数推移

販売台数推移

従業員数の推移

従業員数の推移

※グラフの数値は四捨五入のため、比率の総和が合わない場合があります。

主な活動拠点

当社および国内関係会社


本社 SUBARU事務所・製作所 関係会社
宇都宮製作所
群馬製作所
埼玉製作所
本社
東京事務所
宇都宮製作所 半田工場・半田西工場

国内関係会社等について、詳しくはこちらをご覧ください。

海外関係会社


本社 SUBARU事務所・製作所 関係会社

海外関係会社について、詳しくはこちらをご覧ください。

本レポートでは、航空宇宙カンパニーの生産拠点を「宇都宮製作所」と、また、産業機器本部を「埼玉製作所」と表記している場合があります。